「お風呂は窓なし派」が急増中!?知らなきゃ損する意外な理由とは?

この記事は約7分で読めます。
タケル
タケル

先輩!

ちょっと聞きたいんですけどいいですか?

 

じろーパパ
じろーパパ

どうしたんだいタケルくん。

 

タケル
タケル

引っ越しを考えてるアパートの、お風呂に窓がついていないんです!

お風呂って窓がなくても大丈夫なんでしょうか?

 

じろーパパ
じろーパパ

それは気になるよね。

分かった、じゃあ教えてあげる。

 

引っ越しなど考えたときに、気になる点はたくさんありますが、浴室の窓についても注目する方は多いのではないでしょうか。

 

実はアパートやマンションでは、お風呂に窓がついているところの方が少ないんです。

 

なぜなら、アパートやマンションの構造の問題もあるかもしれませんが、窓がなくても換気扇で十分換気が可能なんです。

 

  本記事の内容

  • お風呂に窓は必要なし!?どんなデメリットがあるの?
  • お風呂に窓は必要なし!?どんなメリットがあるの?
  • お風呂に窓なしはどんな人におすすめ?

窓がないことで、デメリットやメリットなどもあります。

この記事では、お風呂の窓がない場合のデメリットやメリットについてお話します。

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

記事の信頼性

  • 過去に窓なしお風呂があるアパートに住んでいました

この記事を読み終わると、アパートやマンションの引っ越し先でのお風呂のチェックで、自分の生活スタイルに合ったものかどうか判断することができるようになりますよ!

 

それでは、さっそくお風呂に窓がないことでのデメリットから見ていきましょう!

お風呂に窓は必要なし!?どんなデメリットがあるの?

デメリット

お風呂に窓がないアパートやマンションが多いと上記でお話しましたが、窓がないことでのデメリットにはどんなことがあるのでしょうか?
【 お風呂に窓がないデメリット 】

  1. 開放感がない
  2. お風呂が暗い
  3. カビが生えやすい
  4. 夏場は暑い

では順番に説明します。

1.開放感がない

窓がある浴室に比べると、どうしても圧迫感がでてきます。

 

感覚的なものですが、広さが違ってきます。

窓がある方が開放感がでます。

 

2.お風呂が暗い

浴室に窓がないと採光が入りません。

 

そのため、天気のいい日中でも薄暗く感じます。

3.カビが生えやすい

窓がなくても換気はできますが、風通しや日光の光などがあるのとないのとでは、やはりカビの発生リスクは違ってきます。

 

窓がある浴室に比べたら、窓がない浴室はカビが生えやすいかもしれません。

休みの日などにお風呂場のドアを開けて換気扇を回すなどの、換気の工夫が必要です。

4.夏場は暑い

夏場は熱気がこもりやすいので、浴室は暑いです。

 

窓があると風通しも良く気持ちが良いですが、夏場は窓がないと暑くなります。

 

しっかり換気をしたり、送風がついている浴室もあるので、お風呂の機能などもチェックしておきましょう。

 

タケル
タケル

いや~。

お風呂に窓がないのって、結構デメリットあるんですね(;^_^A

じろーパパ
じろーパパ

そうだね。

でもデメリットばかりでもないんだよ!

次はお風呂に窓がないメリットも見てみようか。

 

お風呂に窓は必要なし!?どんなメリットがあるの?

 

メリット

お風呂に窓がないデメリットをお話しましたが、反対にメリットはどんなものがあるのでしょうか?

 

【 お風呂に窓がないメリット 】

  1. 掃除をする場所が減る
  2. プライバシーが守られる
  3. 冬場は暖かい

このように、結構意外なメリットが隠れてるんです!

では順番に見ていきましょう。

1.掃除をする場所が減る

窓が無いので、窓やサッシなどの掃除が不要です。

 

窓がないと壁の凹凸も減り、壁も掃除が簡単ですし窓などの掃除する場所が減ります。

2.プライバシーが守られる

窓があるとどうしても外からの視線であったり、お風呂に入っていることが分かったりします。

窓がない方が外が気になりませんし、落ち着きます。

 

音の漏れ方も違ってきますので、プライバシーなどは窓がないほうが守られます。

 

防犯の面でも、窓がない方が安心感はあります。

3.冬場は暖かい

窓がないと夏場は暑くなりますが、冬場は反対に窓がある浴室に比べて暖かいです。

 

窓がある浴室ではしっかりと窓を閉めていても、窓と壁とで気密性が違ってくるので寒かったりします。

 

タケル
タケル

なるほど~。

意外に結構メリットもあるんですね♪

じろーパパ
じろーパパ

そうだね。

だから生活スタイルに合わせて選択する方がいいんだ。

 

お風呂に窓なしはどんな人におすすめ?

おすすめ

お風呂に窓なしのメリット、デメリットについて上記でご紹介しました。

このメリット・デメリットの点を踏まえた上で、どんな人にお風呂の窓なしがオススメか見ていきましょう。

  1. 女性の一人暮らしや、子供のいる家庭
  2. 掃除をする時間がない人や、掃除が苦手な人
  3. 寒さに弱い人

 

1.女性の一人暮らしや、子供のいる家庭

女性の一人暮らしなどの場合は、防犯面を考えて窓なしの方が良いでしょう。

お風呂の窓があるのとないのとでは防犯面が違います。

 

子供のいる家庭でも、子供だけでの留守番などがあると防犯面は気になりますよね?

 

実際に空き巣の手口で、お風呂の窓から侵入することも多いそうです。

防犯を考える人は窓なしをおすすめします。

2.掃除をする時間がない人や、掃除が苦手な人

お風呂に窓があるとどうしてもサッシなどが汚れるので、掃除の必要があります。

 

忙しく時間がないサラリーマンの一人暮らしや、掃除が苦手な人は窓なしの方が掃除をする場所が減ります。

3.寒さに弱い人

お風呂に窓があると閉めていても、とても寒いです。

寒さに弱い人は冬場は、辛いでしょう。

 

しかし窓がないと外からの隙間風などもないので、寒さに弱い人は窓なしがおすすめです。

 

 

タケル
タケル

なるほど~。

僕は寒がりだし、掃除も苦手なんで窓なしにしようかな♪

 

じろーパパ
じろーパパ

あとは実際に物件を見に行ってから決めた方がいいよ。

特にお風呂の機能については、しっかり確認しておこうね。

タケル
タケル

はい、分かりました!

先輩、ありがとうございました。



まとめ

いかがだったでしょうか?

お風呂の窓なしについてデメリット・メリットをまとめてみました。

 

まとめると、

  • 圧迫感が出るので開放感がない
  • 採光が入らないので日中でも薄暗く感じる
  • 換気はできるが風の通りがないので、窓ありよりはカビが発生しやすい
  • 風通しがないので、熱がこもりやすく夏場は暑い
  • 浴室の窓掃除をする必要がない
  • 外からの視線が気にならず、プライバシーが守られる
  • 冬場は隙間風などがないため暖かい

今回はお風呂の窓のあり、なしについてお話しました。

窓がないことでのデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。

 

自分が生活していく中で、どのような点を重視していくのか考えましょう。

窓がある浴室の方が良いのか、窓がない浴室の方が良いのか、しっかり選ぶ必要があると思います。

 

引っ越しする際などは、お風呂に窓があるのかないのか、換気や送風機能などはどうなのかなどしっかりと確認しておくことをお勧めいたします。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました