桜は日本だけなの?外国のさくら事情とお花見スポットをご紹介します

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

桜は日本だけなのでしょうか?

 

外国に桜はあるのか気になりますよね。

 

あるとしたら、どんな感じでその国に存在しているのでしょう。

 

この記事で分かること

  • 桜は日本だけなの?
  • 外国のさくら事情は?
  • 外国のお花見スポットは?

この記事では、桜は日本だけなのかと、外国のさくら事情とお花見スポットをご紹介します!

 

それでは早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

桜は日本だけなの?

桜と石垣

桜のイメージは日本が強いですが、日本以外にもあります!

 

代表的な国としては、

  • アメリカ
  • カナダ
  • オランダ
  • スウェーデン
  • デンマーク
  • 中国

などがあり、世界中で見られます。

 

北半球の温帯地域に広く分布しており、ヨーロッパから西シベリアにかけて3種が分布しています。

 

そして東アジアに3種、中国や朝鮮半島では種類がかなり多く33種のサクラ亜属が分布していると報告されています。

 

桜の原産国はどこ?桜の原産地は実は中国で、日本にある桜は中国のヒマラヤ山脈から伝来しました。

しかし私たちにとって一番馴染みのある「ソメイヨシノ」は日本の園芸品種です。

江戸時代後期に日本固有種の「オオシマサクラ」と「エドヒガン」を改良した「吉野桜」から誕生したと言われています。

 

このように、外国にも沢山の桜があることが分かりました。

 

日本以外でも桜を楽しんでみたいですね^^

 

スポンサーリンク

外国のさくら事情は?

桜並木

外国でも一部の地域ですが、日本のようにお花見をして楽しむ文化があります!

 

しかし日本のように大勢でワイワイするお花見ではなく、少人数で落ち着いて楽しむケースが多いです。

 

それでは、お花見を楽しむ代表の国を順番に紹介しますね。

 

アメリカ

アメリカは家族やカップルで、静かに落ち着いて楽しむお花見スタイルが一般的です。

 

オレゴン州などの一部地域では、毎年桜まつりをしておりお花見を盛大にしています!

 

しかしアメリカはお花見をしながらの飲酒が禁止されていることが多いため、日本のように同じ場所に集まって楽しむことはほとんどなく歩いて楽しむお花見が基本です。

 

スウェーデン

スウェーデンのストックホルムの中心部にある王立公園では、たくさんの人が公園に桜を見に行きます。

 

そしてアメリカ同様、歩いて楽しむお花見スタイルが一般的です。

 

オランダ

オランダのアムステルダムセ・ボス公園では、毎年3月末〜4月上旬頃に桜が咲き誇ります。

 

オランダの日本人女性会によって400本もの桜が寄贈されました。

 

桜を見るのを楽しみにされていて、毎年大勢の方が訪れます。

 

どの国でも桜の美しさを楽しむのは同じですが、お花見スタイルが少し違っていますね!

 

そして外国でも桜が愛されているのが分かります。

 

スポンサーリンク

外国のお花見スポットは?

お花見スポットイメージ

日本に負けないほどのお花見スポットは、外国にどれくらいあるのでしょうか?

 

お花見スポットというと日本のイメージが強いですが、実は外国にも魅力的なお花見スポットはたくさんあります♪

 

順番にご紹介していきますね!

 

アメリカ

【オレゴン州のセーラム】

セーラムの街の州議事堂と州立公園には、150本の淡いピンクと白の桜が毎年3月上旬頃に咲き誇ります。

 

州議会によって毎年3月の第3土曜日は桜の日に認定されており、セーラムの街では桜が重要視されていて大きな影響を与えていることが分かります。

現地の日本人たちが花見文化を広める活動を行っており、近年では日本のように地面に座って食事を楽しみながら桜を見るお花見が広まってきてるんですよ♪

 

この活動で、いつか日本のお花見スタイルが定着する日が来るかもしれませんね。

 

【タイダルベイスン】

アメリカ/ワシントンにあるポトマック河畔のタイダルベイスンの桜並木は、日米友好のシンボル、また「桜の世界3大名所」で知られています!

 

約3,750本の桜の木は感動的な景色です。

 

【セントラルパーク】

アメリカ・マンハッタンのオアシスで有名なセントラルパークの桜はとても美しいと有名です。

満開の桜の下でお散歩やランニングをしている方が多く、癒しのスポットとして多くの方が訪れます。

 

スウェーデン

【ストックホルムの王立公園】

王立公園はストックホルムの中心部にある公園で、4月中旬頃に開花のピークを迎え公園全体がピンク色に染まります。

 

1998年に日本から68本の八重桜が送られてから、日本人会の方が桜のお世話をしているんです。

毎年桜まつりが開催されていて、たくさんの花見客が訪れています。

 

オランダ

【アムステルダム】

アムステルダムでは、桜というのは日本の文化の象徴であり、新たな始まりと別れを意味するとされています。

毎年3月中旬〜4月中旬頃に見頃となり、桜を見ながらピクニックをしたりテントの下で食事やお酒を楽しむなど日本のお花見スタイルと似ています。

 

ドイツ

【ハンブルグのゲルテン・デア・ヴェルト】

ハンブルグは大阪と姉妹都市関係を結んでいるため、日本と友好関係にあります!

 

ゲルテン・デア・ヴェルトではドイツ最大の桜まつりが4月中旬〜5月中旬頃に開催されていて、日本、中国、韓国の3カ国の庭園様式が一つに合わさった場所なのでアジアに興味を持った人々が国内外から多く訪れます。

このお祭りでは、花火や「桜のプリンセス」の選出、コスプレ、日本の食文化の紹介など様々な日本文化を紹介するイベントなので桜と一緒にいろんな方が楽しめるイベントです。

 

カナダ

【バンクーバー】

カナダ西海岸にある大都市バンクーバーには桜がなんと50種類以上、数は4万本以上も植えられています。

 

毎年桜まつりも開催されており、現地在住の日本人やカナダの人々にも人気のイベントです!

 

中国

【東湖桜花園】

中国の武漢市東湖の桜公園は、桜の世界三大名所の一つのスポットで5,000本以上もの桜が咲き誇り、年に一度の桜まつりも開催されています。

 

世界各地には、こんなにたくさんお花見スポットがあったのですね♪

 

桜の楽しみ方も国によって様々で面白いです。

 

スポンサーリンク

まとめ:桜は日本だけなの?外国のさくら事情とお花見スポットをご紹介します

まとめ
まとめると、

  • 桜は日本だけでなく、アメリカ・カナダ・スウェーデン・デンマークなど世界中で見られる
  • 外国では桜は歩きながら鑑賞するのが一般的
  • アメリカ、オランダ、カナダ、中国などに桜の名所が沢山ある

この記事では桜は日本だけなのかと、外国のさくら事情とお花見スポットをご紹介しました!

 

外国にも美しい桜の名所がたくさんあるので、ぜひ行ってみたいです♪

 

お花見スタイルは違っても、桜に癒やされるのは世界共通ですね^^

 

この記事がお役に立てば幸いです♪

 

【参考】

⇒桜の外国語がかっこいい?英語やフランス語やスペイン語だと何という?

⇒お花見弁当はデートにぴったり!?男子が喜ぶ3パターンを紹介

【 人気ブログランキング 】

ブログランキングに参加中です。

応援して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
タイトルとURLをコピーしました