ファスナーが外れない時の対処法!試してほしい5つの対処法をご紹介

この記事は約6分で読めます。
  • ファスナーが外れない時の修理方法を教えてほしい
  • ダブルジップファスナーが外れない時は、どうしたらいいの?

 

この記事では、このような悩みを解決します。

 

はるか
はるか

突然ファスナーが動かなくなると困りますよね。

 

お気に入りの服を着て出掛けようと思ったら、ファスナーが外れなくなっちゃった。

 

この服を着て出掛けたいから、直し方を急いで知りたい。

 

そう思ってこの記事に辿り着いたあなた!

 

もう安心してくださいね。

 

その動かなくなったファスナーの外し方をお伝えします!

 

実は、ファスナーが外れない時、試してほしい5つの方法があるのです!

 

なぜなら、原因によって対処法が異なるからです。

 

  本記事の内容

  • ファスナーが外れない時の修理方法5つ
  • ダブルジップファスナーが外れない場合

ファスナーが外れなくなったけど、どうしてもその服が必要な時があります。

 

そこで、ファスナーが外れない時の修理方法について調べてみました(^-^)

 

記事の信頼性

  • ファスナーが外れない経験をした人は多く、修理の方法も多く公表されている
  • プロの修理屋さんの修理ブログが存在している

実際に修理ができた方法を知って、困った時は試してみましょう。

 

この記事を読み終えると、ファスナーが外れない時の修理方法が分かり、対処ができるようになります。

 

では早速みていきましょう。

 

ファスナーが外れない時の修理方法5つ

悩む女性

ファスナーが外れない時の修理方法5つをご紹介します。

 

【 ファスナーが外れない時の修理方法5つ 】

  1. 巻き込んだ生地を引っ張る
  2. エレメントを引っ張る
  3. エレメントに油をさす
  4. ペンチを使って直す
  5. ペンチとマイナスドライバーを使って直す

ファスナーが外れない原因が分かれば、対処ができます。

 

と、その前にファスナーの名称が分からない方は、先にこちらの記事をご覧ください。

 

 

それでは、順番にみていきましょう。

1.巻き込んだ生地を引っ張る

生地が巻き込まれて動かなくなる故障が、一番多いです。

 

生地とエレメントをできる限り密着させ、スライダーは動かさず生地だけを優しく少しずつ引っ張り出す。

 

生地が出てこなければ、マイナスドライバーをスライダーの間に差し込む。

 

そしてスライダーを動かしながらドライバーで隙間を広げるようにして、生地を引っ張る。

 

はるか
はるか

生地を傷めないように、優しくが重要ですね。

 

2.エレメントを引っ張る

スライダーがエレメントを噛んでいる状態です。

 

エレメントが壊れるのでスライダーは無理に動かさず、エレメントだけを優しく引っ張る。

 

それでも動きにくい場合は、スライダーを箱まで戻して生地をしっかり引っ張る。

 

生地をピンとさせた状態で動かしてみましょう。

 

はるか
はるか

生地がたるんでいると、生地を巻き込んでしまいますね!

 

3. エレメントに油をさす

エレメントが劣化して動かなくなった場合です。

 

綿棒にハンドクリームやリップクリームを付けて、エレメントに沿って何度かこする。

 

はるか
はるか

鉛筆の芯でも可能ですよ~

 

4.ペンチを使って直す

スライダーは動くが、エレメントが閉まらない状態です。

 

スライダーとエレメントの変形の可能性があります。

 

スライダーをチェックして直しても動かなければ、エレメントをチェックする。

 

  • スライダー:横から見て「 コ 」の字になっていなければ、ペンチで「 コ 」の字にする
  • エレメント:ズレや破損がないか確認し、ペンチでまっすぐな状態にする

 

 

はるか
はるか

破損している場合は、交換が必要ですね。

 

5.ペンチとマイナスドライバーを使って直す

閉めたときに左右がズレていて片方だけ長い状態です。

 

スライダーが劣化してくると、うまく噛み合わない場合があります。

 

優しく生地を引っ張り、エレメントが左右対称になるようにする。

 

横から見て「 コ 」の字になっているか確認して直す。

 

「 コ 」の字より広がっていれば、ペンチで挟んで広がりを戻す。

 

「 コ 」の字より狭くなっていれば、マイナスドライバーで広げる。

 

はるか
はるか

劣化してくると変形してしまうのですね。

 

ペンチやマイナスドライバーを使う場合は、怪我をしないようにご注意ください。

 

さあ!お気に入りの服を着て出掛けましょう。

 

ダブルジップファスナーが外れない場合

ファスナーと裁縫セット

ダブルジップファスナーが外れない場合は、さきほどお伝えした「 ファスナーが外れない時の修理方法5つ 」を試してください。

 

ダブルジップファスナーの場合でも、原因が分かれば対処できます。

 

機能は異なりますが原因と対処法は同じですので、まずは原因を突き止めましょう。

 

はるか
はるか

2個付いているから難しそうだけど、1個付きと同じならできそうです。

 

 

修理方法5つを試しても外れず難しい場合は、修理に出しましょう。

 

相場は千円~1万円くらいで、リフォーム店や裁縫屋さんで行ってくれます。

 

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • ファスナーが外れない時の修理方法5つ
    1.巻き込んだ生地を引っ張る
    2. エレメントを引っ張る
    3. エレメントに油をさす
    4. ペンチを使って直す
    5. ペンチとマイナスドライバーを使って直す
  • ファスナーが外れない原因が分かれば、対処ができる
  • ダブルジップファスナーが外れない場合は、「 ファスナーが外れない時の修理方法5つ 」を試す
  • ダブルジップファスナーの場合でも、原因が分かれば対処できる

ファスナーを長持ちさせるには、脱着時はスライダーをしっかり下まで下げます。

 

洗濯する時はファスナーは閉じてください。

 

ファスナーが外れず困った時は、ご紹介した方法を思い出してみてください。

 

ただし無理すると破損の恐れがあるので、優しく丁寧に対処しましょうね。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました