イースター2021年はいつ?イースターの意味とクリスマスとの違い

この記事は約6分で読めます。
  • イースターって何?どんな意味があるの?
  • イースターって毎年日付がかわるけど、今年はいつ?
  • イースターと言えば、たまごとうさぎが出てくるけどどんな関係?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

イースターは、日本では復活祭と言われています。

 

クリスマス、ハロウィンがすっかりイベントとして定着しましたが、新たにイースターというイベントが注目されていますよね。

 

ディズニーランドでもイベントを開催してますし。

 

日本では元々復活祭と呼ばれていて、キリスト教徒のお祭りで2021年は4月4日(日)に開催されます!

 

実は、イースターってイエス・キリストが十字架にはりつけられた後、復活したというキリスト教ではクリスマスと並ぶお祝いなんです。

 

なぜなら、イエス・キリストは予言通り3日後に復活し、使徒の前に姿をあらわした記念の日だからです。

 

宗教色が濃いお祭りですが、時期的に春先になるので、最近では春を祝うお祭りという受け取り方もされています。

 

  本記事の内容

  • イースターの意味とは?
  • イースターエッグとうさぎの関係

イエス・キリストの復活というキリスト教のお祭りなのは分かりましたが、一体どこからたまごやうさぎが出てきたのでしょう。

 

海外の子どもたちの映像なんかをみたら、とても楽しそうでどんなことをしているのかも興味ありますよね。

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

記事の信頼性

  • キリスト教・聖書についての記事
  • 母方がキリスト教徒で、短期ホームステイでイースター体験ありの私の経験

実は、イースターの頃に、学生時代アメリカへ短期ホームステイ体験をしたことがあります。

 

ホームステイ先の家族全員で、わくわくしながら用意して、親族一同で楽しんだ思い出があります。

 

その経験もふまえて、イースターについてわかりやすく説明します。

 

この記事を読み終えると、イースターの意味が分かり、イベントを楽しめるようになります♪

 

では早速みていきましょう。

 

イースターの意味とは?

たまごとかご

まず、イースターの語源はゲルマンの“ という春の女神( Eastera ) ”です。

 

冬の寒さでじっとしていた植物や動物が春に復活することから、自然界のよみがえり、つまり復活を意味するからだと言われています。

 

聖書では、イエス・キリストが囚われる前の最後の晩餐の席で12使徒に予言していました。

 

“ 自分が神の子であるである印として、十字架にはりつけられた後3日後に復活して姿を表す ”と。

 

その言葉通り、金曜日に十字架にかけられ、3日後の日曜日に12使徒の前復活したのです。

 

 

だから、イースターは常に日曜日なのです。

 

厳密にいうと、“ 春分の日のあとの、最初の満月の次の日曜日 ”です。

 

固定されていない理由は、イエス・キリストの時代は太陰暦、現代は太陽暦を採用しているからです。

 

先程もお伝えしましたが、2021年は4月4日開催です。

 

イエス・キリストが生まれたクリスマスの日付は固定なのに、どうしてイースターだけ日付が変わるの?という疑問が出てきます。

 

実は、聖書には生まれた日の正確な日付はないのです。

 

他の宗教のお祭りや、ローマ帝国にあった土着の儀式が12月25日頃に行われていたことから、すべてを合わせて12月25日をキリストの降誕祭( 誕生日 )としたと言われています。

 

だからクリスマスは12月25日と固定され、イースターは毎年変動するという訳です。

 

イースターエッグとうさぎの関係

うさぎとカラフルたまご

卵とうさぎは、古来より豊穣のシンボルでした。

 

卵は新しい命のシンボル、うさぎは多産なので子孫繁栄のシンボルです。

 

海外では、イースターエッグをイースターバニーといううさぎが隠すという伝承があり、そこから子どもたちはイースターに隠された卵を探すのです。

 

今では、まずイースターの前にゆで卵に色を塗ったり絵を描いたりきれいに装飾してイースターエッグの準備をします。

 

イースター当日、子どもたちに見つからないようにイースターエッグを隠し、朝から教会へ行き、家族や親族一同で食事をします。

 

食事後子どもたちがイースターエッグを探します。

 

イースターエッグハントですね。

 

見つけた数を競争するなど、子供たちには楽しいイベントになっています。

 

最近ではアレルギーの子供への配慮から卵型のお菓子やジェリービーンズを使うこともあります。

 

職場や家族でイースターエッグハントをするなら、お菓子にするほうが喜ばれそうですね。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • イースターはキリスト教の復活祭のこと
  • イエス・キリストが十字架にかけられた後、3日後に復活したというお祝い
  • 春が来るお祝いとも捉えられている
  • イースターの日付は、今年は4月4日
  • イースターは“ 春分の日の後の最初の満月のあとの日曜日 ”と決められていて、毎年変わる
  • 理由はイエス・キリストの時代は太陰暦を使用していたが、現在は太陽暦を使用しているため
  • イースターはゲルマンの“ Eastera ”( 春の女神 )が語源
  • 春になると自然界の命の息吹が復活することから
  • クリスマスはイエス・キリストが生まれた日で降誕祭と呼ばれ、イースターはイエス・キリストがなくなった後に復活した日という違いがある
  • 実はイエス・キリストが生まれた日は定かではなく、他の宗教やローマ帝国土着の祭りなどが合わさってその日に決まった
  • イースターのたまごは命の復活のシンボルで、うさぎは多産なので子孫繁栄のシンボル
  • 海外ではイースターバニーと呼ばれるうさぎがイースターエッグを隠すと言われていて、それを子どもたちが探す
  • イースターの前に、たまごをカラフルに塗ったり、絵をかいたりしてイースターエッグの用意をする
  • イースター当日、子供が見てない間にイースターエッグを隠し、教会に行き、家族や親族で食事をする
  • 食事後、子どもたちはイースターエッグを探し( イースターエッグハント )見つけた数を競い合い、たまごをお菓子に変えてもらう
  • アレルギーの影響もあり、たまごの代用として卵型のチョコレートやジェリービーンズを使ったりする
  • 職場や家族でイースターにイースターエッグハントのイベントをするのなら、お菓子のほうが喜ばれる

私はホームステイ体験で、家族が集まって昼食にごちそうを食べて、イースターエッグハントをしたりとても楽しかった思い出があります。

 

たまごに絵の具で絵を描いたり、親族のネームプレートを作ったりから始まり、イースターエッグハントのあとも、みんなでボードゲームをしたりと日本のお正月のような感じでした。

 

イエス・キリストや聖書のことも頭のかたすみに置きながら、イースターを楽しいイベントにしてください。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました