左利きの割合は世界人口のうちでどれくらい?左利きは矯正が必要?

この記事は約6分で読めます。
  • 左利きの割合は世界でどれくらいいるのかな?
  • 左利きは右利きに矯正したほうがいい?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

子供の頃、クラスに一人は左利きの子がいましたよ。

日本では左利きより右利きの人の方が多いです。

 

では、世界ではどれくらいいるのでしょうか。

 

その他にも、

 

左利きの割合が少ないのは、みんな右利きに矯正しているから?

もし子供が左利きだったら、右利きに矯正したほうがいいの?

 

など、いろいろ気になりますよね。

 

実は、左利きの割合は世界人口のうち約10%で、長年変動がありません。

 

なぜなら、この割合は、古今東西を問わずほぼ一定との統計結果があるからです。

 

  本記事の内容

  • 左利きの割合は世界人口のうちどれくらいなのか
  • 左利きは右利きに矯正したほうがいいのか

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

この記事を読み終えると、左利きについての知識や、矯正は必要かどうかの判断ができるようになりますよ。

 

では早速見て行きましょう。

 

左利きの割合は世界人口のうちどれくらいなのか?

左利きの女の子

1977年の統計結果では、左利きの割合は世界人口のうち8%から15%と出ています。

 

この割合は、昔も今も世界全体で10%前後。

 

しかも変動がありません。

 

古代の壁画や石像を見ても、右利きの方が圧倒的に多かったそうです。

 

しかしその理由は、はっきりとは解明されていないのです。

 

さらに、左利きが発生する要因は、

  • 遺伝
  • 脳の働きが右利きの人と比べて、左脳と右脳で逆になっているため
  • テストステロンなどのホルモンの影響
  • 胎内での姿勢

など言われているのですが、これらも説でしかありません。

 

左利きの割合が世界中で太古の昔から変わらず、要因が未だ解明されていない。

 

これは、神様が「 左利きは1割 」と決めているみたいで神秘的ですね。

 

左利きの割合は世界全体で約10%ですが、国によってバラつきはあります。

 

しかしそれは、左利きを良しとしない国や、両利きにする国があるからです。

 

宗教上の理由や、独自の文化がある国では、元々左利きだったのを右利きに矯正します。

 

またアメリカでは、無理に矯正することはせず左も右も使わせるので、両利きの人が多いそうです。

 

そのため、国によって左利きの割合が変わってくるのです。

 

左利きは子供のうちから矯正したほうがいいの?

左手とはさみ

左利きから右利きへの矯正は、日本でも子供のうちからした方がいいとされていました。

 

それは右利きが多い社会で、子供に不便な思いをさせたくないという親心と、左利きは良くない・劣っているという考え方のためでもありました。

 

私の友人も左利きで、小さい頃右利きに矯正されたそうです。

 

周りの大人も、友人が左利きと知ると、

 

「 なんだ、この子は左利きかあ。 」

 

と、なぜか残念そうに言われた記憶があると教えてくれました。

 

そんなふうに言われるのは悲しいですよね。

 

子供心に傷ついたと思います。

 

友人は結局、字だけは右で書くようになりました。

 

あとは全て左です。

 

でも、「 書くことだけは、右で使えるようになってよかった。 」と言っています。

 

日本語は右で書くように作られているので、親御さんも文字だけはと思われたのでしょう。

 

しかし矯正には、少なからずストレスが伴います。

 

重い症状だと、言語障害や夜尿症の原因かもしれないと言われていたり、左右を混乱して方向音痴になったり。

 

ちなみに友人は、方向音痴で左右をたまに間違います。

 

このような事例もわかってきて、現在は無理に矯正するという考えもなくなりつつあります。

 

そして、「 左利きは個性 」と見てくれるようにもなりました。

 

左利き用のグッズや左右どちらでも使える物も増えてきました。

 

ハサミや包丁、スープを注ぐおたま。

 

パソコンのキーボードやマウス。

 

友人が最近一番感動したのは、左利き用の扇子だそうです。

 

扇子に左も右もなさそうですが、左手で右利き用の扇子であおいでいると、だんだん閉じてくるそうですよ。

 

これは不便ですね。

 

このように、企業や社会も左利きの人に優しくなってきて、無理に右利きに矯正するという考えも、少なくなってきました。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • 左利きの割合は世界人口のうち約10%で、古今東西変動がない。
  • 左利きが世界で一定数存在する理由は、はっきりとは解明されていない。
  • 左利きが発生する要因は、遺伝・ホルモンの影響などの説がある。
  • 左利きの割合は国によってバラつきがある
  • 無理な矯正は、言語障害や夜尿症の原因になる可能性がある。
  • 現在は、「 左利きは個性 」と見てくれるようにもなった。
  • 左利き用のグッズがいろいろ販売されている。

今回、左利きについて話してくれた友人は

 

「 改めて子供の頃を思い出すと、左利きで辛いこともあったけど今は、世間の左利きへの理解が、だいぶ深まった気がする。 」

 

と言っていました。

 

それでもまだ、左利きで不便なことがあるかもしれませんが、不便に気付く事は、便利への第一歩。

 

これからもっと、左利きの人に優しい社会になる気がします。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました