軽自動車のナンバープレートの色の種類!色の違いと代金を紹介します

この記事は約7分で読めます。
  • 軽自動車のナンバープレートの色はなぜ黄色なの?
  • ナンバープレートの色の違いって何?
  • 軽自動車のナンバープレートの代金はいくら?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

最近はご当地ナンバーの車が多くなりましたね。

 

軽自動車のナンバープレートの色と言えば黄色ですが、

 

最近では、普通自動車と同じ白のナンバープレートも見かけます。

 

さらに、図柄入りでカラフルなナンバープレートも。

 

そもそも、軽自動車のナンバープレートの色はなぜ黄色なのでしょうか。

 

実は、軽自動車のナンバープレートは昭和50年( 1975年 )に白から黄色に変わりました。

 

なぜなら、普通自動車と区別しやすいようにする必要があったからです。

 

  本記事の内容

  • 軽自動車のナンバープレートが黄色になった理由
  • 軽自動車のナンバープレートの代金

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

この記事を読み終えると、軽自動車のナンバープレートの違いが理解できるようになりますよ。

 

では早速見て行きましょう。

 

軽自動車のナンバープレートが黄色になった理由

軽自動車

軽自動車のナンバープレートが黄色になった理由は、普通自動車との区別をしやすくするためです。

 

実は、軽自動車のナンバープレートは昭和49年( 1974年 )までは、普通自動車と同じ白地に緑文字のものが使われていました。

 

昔の軽自動車の車体の大きさは、現在と違って小さく、普通自動車との区別は見た目だけで判断出来ていました。

 

しかし、時代と共に車体や排気量が大きくなり、パッと見ただけでは区別がつかなくなって来たのです。

 

そのため、昭和50年( 1975年 )、軽自動車のナンバープレートの色は、現在も使われている黄色に変わりました。

 

区別がつかなくて困る理由は、主に二つあります。

 

一つ目は、高速道路や有料道路の料金所でのやり取りをスムーズにするため。

 

軽自動車は普通自動車と料金が違うので、料金所の係員が瞬時に判断出来るようにしなければなりません。

 

いちいちドライバーに確認していたら渋滞の原因になりますからね。

 

現在はETCが利用できるようになり、係員が判断して料金を伝えるという機会は少なくなりました。

 

そして、二つ目の理由は、警察のスピード違反の取り締まりの時に、分かりやすくするため。

 

軽自動車の高速道路での最高速度は、平成12年( 2000年 )までは時速80キロ。

 

普通自動車は時速100キロでした。

 

時速20キロの差があったので、間違って取り締まっていたら大ごとです。

 

このような理由から、軽自動車は黄色、普通自動車は白になったのです。

 

では、黄色・白の他にナンバープレートには、どんな色があるのでしょうか?

 

軽自動車のその他のナンバープレートの色

黄色、白以外のナンバープレートの色もありますのでご紹介します。

  • 黒……事業用の軽自動車 ( 運送業のトラックなど )
  • 緑……事業用の普通自動車と二輪車 ( 運送業のトラックやタクシー、バイク便など )
  • ピンク……自家用の91ccから125ccの原付二種 ( 二人乗りができる )

この他に、青ナンバーもあります。

 

しかしこれは、一般の人が取得できるものではなく、外交官車両に使われているものです。

 

道路交通法が適用されないので、もし違反があっても警察は取り締まりができません。

 

めったに目にすることはないと思いますが、このような車が存在するのです。

 

では、せっかく分かりやすく色々なナンバープレートがあるのに、

 

何故、また軽自動車でも白のナンバープレートが増えてきたのでしょうか?

 

軽自動車の白のナンバープレートが増えたのはなぜ?

最近は、軽自動車でも白のナンバープレートを付けている車が増えました。

 

その理由は、国土交通省が特別仕様のナンバープレートの交付を開始したからです。

 

それは、通称で

と呼ばれているものです。

 

これは、軽自動車・普通自動車用として、共に白のナンバープレートを付けることができます。

 

ラグビーナンバーとオリンピックナンバーは、どちらも期間限定で、日本で開催されることを記念して作られたそうです。

 

残念ながら、ラグビーナンバーは、もう受付を終了しました。

 

でも、オリンピックナンバーは、大会が延期されたことでナンバーの受付も一年延長されました。

 

これらのナンバー交付には、「 大会を支援して、みんなで盛り上げよう 」という願いが込められているようです。

 

そして、地方図柄入りご当地ナンバーは、交付が始まったばかりです。

 

こちらは、「 走る広告塔 」として地域の観光名所や特産物などを図柄にして、その魅力を発信することを目的に作られました。

 

ちなみに、軽自動車も白地ですが黄色の縁取りが施されています。

 

普段の買い物の時など、駐車場があったら、「 他府県の図柄入りナンバープレートはないかなあ 」と、つい探してしまいます。

 

軽自動車のナンバープレートの代金

車 お金

軽自動車のナンバープレートの交付代金は地域によって異なります。

 

ラグビーナンバーはもう受付を終了しましたが、代金は、7,120円~9,450円でした。

 

オリンピックナンバーは、7,330円~9,850円。

 

地方図柄入りご当地ナンバーは、7,410円~9,450円。

 

そしてそれぞれに、1,000円以上の寄付をすると、図柄入りやフルカラーのナンバープレートを選択することができます。

 

さらに、そのナンバープレートは、廃車するまで使用した後、取り外して( 不正防止の穴を開けてから )記念に保存することができます。

 

大会や地域の記念にもなるし、そのナンバーの車に乗っていた記念にもなる、とても粋な計らいですよね。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • 軽自動車のナンバープレートが黄色になった理由は、普通自動車との区別をしやすくするため
  • 黒のナンバープレートは、事業用の軽自動車用
  • 緑のナンバープレートは、事業用の普通自動車と二輪車用
  • ピンクのナンバープレートは、自家用の91ccから125ccの原付二種
  • 軽自動車でも白のナンバープレートを付けているのは、国土交通省が特別仕様のナンバープレートの交付を開始したから
    ★ラグビーナンバー( 受付終了 )→交付代金:7,120円~9,450円
    ★オリンピックナンバー→交付代金:7,330円~9,850円
    ★地方図柄入りご当地ナンバー→交付代金:7,410円~9,450円
    ※それぞれに、1,000円以上の寄付をすると、図柄入りやフルカラーのナンバープレートを選択することができる

今や、ファッション感覚でナンバープレートを付けられる時代になりましたね。

 

何十年もある車の歴史の中で、車のナンバープレートは「 無地 」が当たり前。

 

その分、図柄入りは本当に特別感があります。

 

それだけに、街でカラフルなナンバープレートを見かけると、つい嬉しくなって見てしまいます。

 

でも運転中はナンバープレートに気を取られないよう、くれぐれも気を付けてくださいね。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました