靴の洗い方!ウタマロ石鹸で臭いまでとる洗濯方法を紹介します!

この記事は約6分で読めます。
  • 靴を洗う時にウタマロはどんな手順で使うの?
  • 靴は洗い方で臭いが取れる?
  • くさい靴にオススメの技は?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

靴の臭いは手早く取りたいですよね。

 

靴の臭いって下駄箱だけじゃなく、玄関にも漂いますよね…。

 

夏場は特に深刻な問題です。

 

消臭剤を置いても、靴箱の臭いはなかなか取れにくいです。

 

しかも、靴の臭いって普通に洗うだけでは残ってしまいます。

 

夏も終わりに近づき、何とかしたいあの臭い…。

 

実は、靴の臭いはウタマロ石鹸を使うと、簡単に落とすことができます。

 

なぜなら、ウタマロ石鹸は靴の臭いを落としてくれて、消臭効果もあるからです。

 

  本記事の内容

  • 靴の洗い方でウタマロをどんな手順で使うのか?
  • 靴は洗い方で臭いが取れる!?くさい靴にオススメの技3選

この記事では、ウタマロ石鹸の使い方を説明します。

 

また、他の臭いを取る技も紹介するので、是非チェックしてみてくださいね♪

 

記事の信頼性

  • 実際に、靴の臭いが取れている
  • 消臭効果も実感できる

この記事を読み終えると、もう靴の臭いで悩むことはなくなりますよ。

 

では早速ウタマロ石鹸の使い方からみていきましょう。

 

靴の洗い方でウタマロをどんな手順で使うのか?

靴

【 準備する物 】

  • ウタマロ石鹸
  • 靴を洗うブラシ
  • バケツ
  • 液体洗剤

この4つを用意してください。

 

【 洗う手順 】

  1. つけ置き
  2. ウタマロ石鹸を塗り込む
  3. ブラシで洗う
  4. すすぐ
  5. 脱水
  6. 干す

一つずつ説明していきますね。

1.つけ置き

ぬるま湯をバケツに張って、液体洗剤を入れます。

 

分量は水量に合わせてくださいね。

 

そして、よく混ぜて靴を入れましょう。

 

1~2時間ほどつけておくと、よりきれいになります。

 

この時、靴ひもなどは外しておきましょう。

 

2.ウタマロ石鹸を塗り込む

つけ置きが終わったら、靴を取り出します。

 

そして表面全体にウタマロ石鹸を塗り込みます。

 

こするというよりは、「 塗り込む 」のがポイントです。

 

3.ブラシで洗う

ウタマロ石鹸を塗り込んだ部分を、ブラシでこすります。

 

表面が洗えたら、内側も同様にウタマロ石鹸を塗り込んでからブラシで洗います。

 

4.すすぐ

内側も洗い終わったら、水でしっかりとすすぎましょう。

 

特にスニーカーなどの布の部分は、成分が残りやすいので気を付けてください。

 

優しく揉みこむようなイメージですすぐと良いと思います。

 

5.脱水

水気をある程度切ったら、洗濯機で2分程脱水します。

 

洗濯ネットに入れると良いですね。

 

6.干す

脱水が終わったら、しっかりと乾くまで干します。

 

日陰の風通しのいいところがお勧めです。

 

中に新聞紙を丸めていれると、早く乾きますよ。

 

次に、臭い靴にオススメの技をみていきましょう。

 

靴は洗い方で臭いが取れる!?くさい靴にオススメの技3選

靴

靴の臭いには、次の3つが効果的です。

  1. 重曹
  2. グランズレメディ
  3. 新聞紙

一つずつ説明していきますね。

1.重曹

created by Rinker
丹羽久
¥894(2020/12/01 17:18:45時点 Amazon調べ-詳細)

これは消臭効果がすごく期待できます。

 

方法も簡単!

 

つけ置きするだけです。

 

40度程度のお湯1Lに対して、大さじ3杯程度の重曹を入れてよく溶かします。

 

そして、靴を入れて3時間程度放置します。

 

あとはウタマロ石鹸の時と同様に、すすいで脱水して干すだけです。

 

2.グランズレメディ

created by Rinker
グランズレメディ
¥1,390(2020/12/02 09:25:40時点 Amazon調べ-詳細)

これは、パウダー状の靴用の消臭剤です。

 

染みついた靴の臭いを消して、さらに抗菌効果もあります。

 

使い方も簡単で、靴の中にパウダーを入れるだけです。

 

洗う手間なく臭い予防ができますよ。

 

洗えない革靴やブーツなどにも使えるのでありがたいですね。

 

3.新聞紙

コスパのいい方法です。

 

わざわざ買うのも面倒くさい…。

 

そんなあなたには、新聞紙をオススメします。

 

靴の中は蒸れた状態が続きます。

 

その状態が、臭いの原因となります。

 

そこで、吸収性のある新聞紙を、脱いだ靴の中に詰めるのです。

 

そうすることで、乾燥した状態を作って、臭いの原因を減らすことができます。

 

普通の紙でもいいですが、新聞紙の黒いインクには消臭効果があるので、できれば新聞紙がいいと思います。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • ウタマロ石鹸で洗う時の準備物
  1. ウタマロ石鹸
  2. 靴を洗うブラシ
  3. バケツ
  4. 液体洗剤
  • ウタマロ石鹸で洗う手順
  1. つけ置き
  2. ウタマロ石鹸を塗り込む
  3. ブラシで洗う
  4. すすぐ、脱水、干す
  • 臭いを取るオススメの技
  1. 重曹
  2. グランズレメディ
  3. 新聞紙

    靴の臭いって染みついてしまうと、なかなか大変ですよね。

     

    ウタマロ石鹸は、消臭だけでなく靴がすごくきれいになります。

     

    特に、白色のスニーカーには効果抜群です。

     

    ぜひ一度試してみてくださいね。

    この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました