節分の由来は子供向けじゃなかった!?本来の節分を解説します!

この記事は約5分で読めます。
  • 節分って何のためにある行事なの?
  • 節分の由来について知りたい
  • 節分に豆まきをするのはどうして?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

豆まきは楽しい行事ですが、意味はなかなか知らないですよね。

 

2月に行われる「 節分 」。

 

お店でも節分豆や恵方巻、鬼の面が売られたりします。

 

子供達が豆まきをしたり、保育園や幼稚園でも毎年恒例の行事の1つですよね。

 

子供達が一生懸命、鬼に向かって豆を投げる姿は可愛いものです。

 

今年は泣かずに鬼に豆を投げられた!なんて成長の一コマでもあります。

 

でも、節分の由来や意味ってご存知ですか?

 

何となく、「 鬼=悪い物 」を払うというイメージはありますが。

 

いざ、子供に「 節分ってなんで豆を投げるの? 」「 節分にはどんな意味があるの? 」なんて質問をされると返答に困った経験はありませんか?

 

実は、節分は室町時代から行われていた日本の歴史ある行事なんです!

 

なぜなら、室町時代文献「 看聞日記 」や「 花営三代記 」に公家や武家で豆まきを行っていたことが記載されているからです。

 

室町時代!!と驚かれた方もいるでしょうか。

そんな「 節分 」の意味や由来について詳しく解説していきます!

 

  本記事の内容

  • 節分の由来と意味を知りたい
  • 節分の豆まきの意味にはこんな意外な理由もあった

子供たちの教えてあげられるよう、しっかり覚えて下さいね!

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

記事の信頼性

この記事を読み終えると、節分の意味や、由来、起源など詳しく知ることができます!

 

ママやパパから子供達に節分の詳しい知識や意味を伝えることも出来るようになります!

 

では早速みていきましょう。

節分の由来と意味を知りたい

鬼の絵

さっそく、節分の由来や意味についてみていきましょう。

 

まず、冬から春へなど季節も変わり目には、鬼( 邪気 )の影響が強くなると信じられていました。

 

節分はその鬼( 邪気 )を払うための行事の1つです。

 

中国から伝わり、平安時代に行われていた追儺( 大晦日に行われる鬼払いの行事のこと )が現在の節分の元になったと言われています。

 

「 鬼は外!福は内 」という掛け声もそういった鬼を払う、という意味からの掛け声です。

 

そして、節分を行う2月はまだ気温も低く体調を崩しやすい季節ですよね。

 

昔は、現在よりも医療が発達しておらず、風邪からも大病などになってしまうことがありました。

 

節分にはそんな疫鬼( 病魔 )を払う!という意味合いも込められています。

年の数だけ豆を食べる、というのも厄除けです。

 

地域によっては、自分の年の数+1粒食べると風邪を引きにくくなる!と伝えられている地域もあります。

 

これらのことから節分は「 鬼( 邪気 )を払い、無病息災を願う行事 」ということが分かります。

節分の豆まきの意味には、こんな意外な理由もあった

豆

さて、次は節分で使われる「 豆 」について解説していきましょう。

 

実は節分で撒くものが「 豆 」であることにも意外な理由があるんです!

 

農耕民族である日本人は五穀の1つである「 豆 」に、特別な力が宿ると信じられていました。

 

五穀のうちでも特に「 米 」や「 豆 」は神聖な存在とされて、神事でも使われてきました。

 

また、「 豆 」と「 魔目:鬼の目 」「 魔滅:魔を滅する 」という語呂合わせの意味も含まれています。

 

特別な力を持つ「 豆 」で、鬼を滅するという理由も込められているのです。

 

私は子供の頃「 豆 」をなんで撒くのか特に気にもせず撒いていました。

 

それが、こんな意味が含まれていたと知りとても驚きました。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • 節分は鬼( 邪気 )を払い、無病息災を願う行事
  • 平安時代に行われていた追儺が節分の元になった
  • 節分には疫鬼( 病魔 )を払う!という意味合いも込められてる
  • 「 豆 」に、特別な力が宿ると信じられていた

節分の由来や意味についてまとめました。

 

子供の頃から行っていた節分の豆まきに、こんな意味や由来があるとは!

 

節分は歴史ある行事ですので、お子さんと一緒に節分に込められて意味や理由を伝え、一緒に考えてみるのも良いですね!

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました