スマホが充電できない&電源入らない! 原因と対策を分りやすく解説

この記事は約7分で読めます。
  • スマホが充電できない時の原因って?
  • スマホが充電できない時の対策は?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

私もスマホが充電できなくなった経験があります。

今どきスマホは、外出時は絶対に持ち歩いているものですよね。

自宅にいる時も、ポケットに入れて持ち歩いている人も多いのではないでしょうか。

 

そんなスマホの充電ができなくなったり、電源が入らなくなったりすると大変!

 

「 友達や職場の人から連絡が来ていたらどうしよう 」

「 暇つぶしができなくなってしまう 」

 

など、ソワソワしてしまいますよね。

 

特に機械を扱うのが苦手な方は、何をどうすればいいのかさっぱり分からず混乱してしまうでしょう。

 

実は、スマホの電源が入らなかったり充電できなかったりしても、原因がわかれば自分で解決できるのです。

 

なぜなら、スマホが充電できなくなる原因は、意外と単純なことが多いからです。

 

 

  本記事の内容

  • スマホが充電できない時の原因
  • スマホが充電できない時の対策

一つでも多くの原因や対策を知っておくと、いざとなった時にとても便利です。

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

記事の信頼性

  • 私も充電ができなくなった時、実際に試して成功しました
  • スマホ歴10年以上なので、さまざまなスマホトラブルをのり越えてきました

この記事を読み終えると、スマホが充電できなくなっても、落ち着いて対策をとれようになります!

 

では早速みていきましょう。

スマホが充電できない時の原因

スマホの充電

スマホが充電できなくなる原因は、一つではありません。

原因には、次のような6つのケースが考えられます。

  1. 充電ケーブルのコネクターの接触が悪い
  2. 充電ケーブル内で断線している
  3. 充電端子にホコリやゴミがたまっている
  4. スマホが濡れている
  5. バッテリー切れ
  6. スマホ本体のトラブル

このようなことが原因になって、充電ができなくなってしまうことがあるのです。

 

スマホが充電できない時の対策

対策

では先程あげた原因ごとに、具体的な対策をご説明します。

原因が分からなくても、とりあえず順番に試してみてくださいね。

1.充電ケーブルのコネクターの接触が悪い

スマホの挿入口に、しっかりとケーブルのコネクターがささっているか確認しましょう。

 

充電器を挿入したつもりでも、奥までしっかりとささっていない場合があります。

充電器を抜いて、もう一度しっかりと奥までさしこんでみましょう。

 

充電できない原因で最も多いのが、充電器とスマホの接触が悪いというものでしょう。

しっかりとささっていなかったり、コネクター部分が抜けているなども考えられます。

 

毎日スマホの充電部分に差したり抜いたりしているうちに、充電器が劣化してしまっている可能性もあります。

 

どうしてもうまく充電出来ない時は、充電器を新しいものに変えてみると良いです。

それでもダメな時は、販売店に相談してみましょう。

 

2.充電ケーブル内で断線している

テープでケーブルを固定しましょう。

 

ケーブル内の接触が悪い場合は、端子の根本とケーブルをテープでしっかりと固定してみましょう。

 

充電器を抜く際に、無理やり引っ張ると断線しやすくなります。

 

また、夜寝る際に、充電をしながらスマホを使用する方も、ケーブル内で断線しやすくなります。

 

充電口近くでケーブルが折り曲がっている状態で充電し続けると、断線の原因となってしまいます。

 

3.ホコリやゴミがたまっている

エアダスターでスマホの挿入口を掃除しましょう。

目に見えない小さなホコリやゴミを、エアダスターで吹き飛ばしましょう。

端子の掃除には、水を使うのは厳禁です。

ティッシュや綿棒だと太すぎて挿入口に入りませんし、破れて残ってしまうと厄介です。

 

エアダスターのノズルの先を挿入口に向けて、満遍なく掃除しましょう。

 

スマホの充電口に、細かいホコリやゴミが付着していると、接触が悪くなってしまいます。

これは、発火の原因にも繋がるため気をつけてください。

 

4.スマホが濡れている

スマホが濡れていたら自然乾燥させましょう。

 

スマホが濡れてしまうと危険なので、安全装置として充電できなくなる機能が備わっています。

そのため十分に時間をおいて自然乾燥をさせてから、再度充電してみましょう。

 

  • トイレに行って手を洗った後すぐにスマホを触る
  • 汗をかいた手でスマホを触る

こんなことでも、スマホが濡れてしまうと充電トラブルの原因に繋がります。

 

防水タイプのスマホもありますが、そうでない場合は濡れた手でスマホを触らないようにしましょう。

 

真夏にズボンのお尻部分のポケットにスマホを入れていると、汗をかいて蒸れたことによりスマホが故障したという話を聞いたことがあります。

 

じろーパパ
じろーパパ

スマホは水に弱いので気をつけてください。

5.バッテリー切れ

しばらく充電器をさして様子をみましょう。

 

バッテリーが完全に切れて、まだ充電をし始めたところなのかもしれません。

 

バッテリーが切れてすぐ充電をしても、すぐに電源がつくわけではありません。

焦らずに、数分経ってからもう一度画面を確認してみましょう。

 

6.スマホ本体のトラブル

ショップへ持って行きましょう。

 

残念ながら、これまでにご紹介した対策をとってみても改善されない場合があります。

その時は、スマホ本体が故障していると考えられます。

 

このような場合は、自力で解決することができないためショップへ持っていきましょう。

 

一番厄介なのが、このスマホ本体のトラブルです。

 

何が原因かは分からないけれど、あらゆる対策をとっても充電できない場合は、スマホ本体に何かしらの原因があると考えられます。

 

うまく充電ができない状態というのは、発火や発熱など思わぬトラブルの原因となりますので、そのまま使うのは危険です。

 

じろーパパ
じろーパパ

買い替えという選択も考慮する必要があるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • スマホが充電できない原因は、主に6つある
  • 充電ケーブルのコネクターの接触が悪い
  • 充電ケーブル内で断線している
  • 充電端子にホコリやゴミがたまっている
  • スマホが濡れている
  • バッテリー切れ
  • スマホ本体のトラブル
  • どの対策をとっても充電できない場合は、スマホ本体にトラブルがある可能性が高いため、ショップへ持って行く

スマホは精密機械です。

 

長年使っていると、少しずつ劣化してさまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。

 

ですが、ケーブルの断線や水に濡れてしまうなどは、使い方で防ぐことができます。

 

生活必需品であるからこそ、毎日大切に使いたいですね。

 

充電ができなくなったら、今回ご紹介した対策を試してみてください。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました