マイナンバーカードで印鑑証明をコンビニで発行!実際にやってみたよ

この記事は約7分で読めます。
  • マイナンバーカードで印鑑証明をコンビニで発行したいな
  • 印鑑証明をコンビニで発行する手順を知りたい
  • 印鑑証明をコンビニで発行できる時間帯は?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

私はつい最近、コンビニで印鑑証明を発行しています。

 

実はマイナンバーカードがあれば、印鑑証明などの各種証明書がコンビニで発行が出来ます。

 

なぜならマイナンバーカードの最大のメリットが、コンビニで各種証明書を発行できることだからです。

 

私は副業で中古車販売をしている関係で、車の名義変更をよく行います。

実は名義変更には、印鑑証明を使う頻度が高いんです。

 

会社員をしていると印鑑証明を発行するために、平日に有給を取って市役所に行くしかないのでとても不便に感じていました。

 

そこで印鑑証明をコンビニでいつでも発行できるメリットに注目し、マイナンバーカードを作ったという訳です。

 

 

  本記事の内容

  • マイナンバーカードで印鑑証明をコンビニで発行する手順
  • コンビニで発行できる証明書の種類
  • コンビニで印鑑証明を出せる時間帯

世間では不評のマイナンバーカードですが、印鑑証明などを頻繁に発行する方には便利なアイテムだと言えるでしょう。

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと時間の節約につながりますよ♪

 

記事の信頼性

  • 私はマイナンバーカードを持っている
  • マイナンバーカードで印鑑証明をコンビニで実際に発行している

この記事を読み終えると、マイナンバーカードを使って印鑑証明をコンビニで簡単に発行できます。

 

もう役所で無駄に待たされることもなくなりますよ(^^♪

 

では早速みていきましょう。

マイナンバーカードで印鑑証明を発行する手順


用意するものは3つ。

  1. マイナンバーカード
  2. 印鑑証明の発行費用300円(×必要な部数)
  3. 4桁の暗証番号

これだけですので、事前に確認しておきましょう。

 

ほとんどのコンビニにはマルチコピー機が置いてあり、印鑑証明はマルチコピー機で発行します。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど端末は違いますが、ほぼ共通の操作です。

 

【 印鑑証明を発行する手順 】

  1. マルチコピー機端末で「行政サービス」を押す
  2. メニューから「証明書交付サービス」を押す
  3. 所定の場所にマイナンバーカードを置く(読み取り)
  4. 「お住いの市区町村の証明書」を押す
  5. 4桁の暗証番号を入力
  6. マイナンバーカードを取り外します
  7. 証明書の選択画面で「印鑑登録証明書」を押す
  8. 交付種別の選択画面で「本人のみ」を押す
  9. 証明書に記載する事項があれば選択します
  10. 証明書の必要な部数を入力する
  11. 発行内容の確認
  12. 必要金額分のコインを投入する
  13. 証明書が印刷される
  14. 証明書を取り出す
  15. 領収書が出てくる

基本的にマルチコピー機の案内に従って進めていきますし、所要時間は初めてでも5分も掛かりません。

 

じろーパパ
じろーパパ

ローソンの端末を使って、順番に説明します。

 

1.マルチコピー機端末で「行政サービス」を押す

画面に触れるとメニュー画面が出ますので、「行政サービス」を押して下さい。

すると画面が切り替わります。

2.メニューから「証明書交付サービス」を押す

「証明書交付サービス」を押します。

すると同意を押す画面に切り替わりますので「同意」を押します。

 

3.所定の場所にマイナンバーカードを置く(読み取り)

右手の方にマイナンバーカードを置くところがありますので、画面の指示通りに置いて下さい。

 

実際に置いたところです。

差し込むとかではなく、普通に置けば大丈夫です!

 

4.「お住いの市区町村の証明書」を押す

「お住いの市区町村の証明書」を押します。

 

5.4桁の暗証番号を入力

マイナンバーカードを作った時に決めた、4桁の方の暗証番号を入力します。

忘れないように、あらかじめ確認しておきます。

 

6.マイナンバーカードを取り外します

暗証番号を正しく入力すると、マイナンバーカードを取り外します。

取り忘れると盗難の恐れがありますので、確実に取り外しましょう!

 

7.証明書の選択画面で「印鑑登録証明書」を押す

メニューから「印鑑登録証明書」を押します。

 

8.交付種別の選択画面で「本人のみ」を押す

「本人のみ」「世帯全員」「世帯の一部」から選択します。

ここでは「本人のみ」を押します。

 

9.証明書に記載する事項があれば選択します

「世帯主・続柄の記載」「本籍地・筆頭者の記載」「個人番号の記載」の有無を選択出来ます。

 

必要に応じて「有」を選択して下さい。

 

ちなみに今回は全て必要無かったので「無」を選択しました。

 

10.証明書の必要な部数を入力する

証明書の必要な部数を入力し「確定する」を押します。

 

今回は1部でしたので「1」と入力しました。

 

11.発行内容の確認

内容を確認して間違いがなければ「確定する」を押します。

 

12.必要金額分のコインを投入する

1部300円ですので、必要金額分のコインを投入して「プリント開始」を押します。

再度「プリントを開始しますか?」と聞かれますので「はい」を選択します。

13.証明書が印刷される

しばらくすると、印鑑証明書が印刷されます。

 

14.証明書を取り出す

ローソンの場合は証明書と一緒に領収書も出てきます。

忘れないように取り出しましょう。

 

15.領収書が出てくる

領収書が出てくるので、忘れないように取り出しましょう。

 

じろーパパ
じろーパパ

お疲れさまでした。

これですべての作業が終了です!

 

実際にやってみると、とても簡単に印鑑証明書の発行が出来ました。

これなら有給を取らなくても、近所のコンビニで済みますのでとても便利ですね(^^♪

 

印鑑証明だけでなく、他にもコンビニで発行できる証明書があります。

コンビニで発行できる証明書の種類

コンビニで発行できる証明書は以下の通りです。

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 戸籍証明書

地域によっては他にも「住民票記載事項証明書」「各種税証明書」「戸籍附票の写し」なども発行可能です。

 

発行可能な証明書は地域によって違います。

マイナンバーカードを作成したら、コンビニで何が発行できるのか試しに確認しに行くと良いでしょう。

 

 

では証明書をコンビニで発行できる時間帯は、いつなんでしょうか?

 

印鑑証明をコンビニで発行できる時間帯は?

印鑑証明書を発行できる時間帯は、>6:30~23:00までです。

土日や祝日も関係なく発行できます。

 

ただし12月29日~1月3日の年末年始は使えませんのでご注意下さい。

 

万が一マイナンバーカードを紛失した場合の対処法は、コチラの記事でまとめてありますので合わせてチェックしてみて下さい。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • マイナンバーカードがあればコンビニで印鑑証明が発行できる
  • マルチコピー機で発行する
  • 所要時間は5分程度
  • 必要なものはマイナンバーカードと、4桁の暗証番号、お金だけ
  • 手順はマルチコピー機の、案内通りに行うだけの簡単操作
  • 「住民票の写し」や「戸籍証明書」なども発行可能
  • 発行可能な証明書は地域によって違う
  • 発行できる時間帯は6:30~23:00まで(12月29日~1月3日除く)

マイナンバーカードを持つことにより、コンビニで気軽に証明書を発行できるようになります。

 

わざわざ平日に役所まで行く必要が無くなり、待ち時間も掛からず必要な証明書がすぐに近くのコンビニで出せるというのは、想像以上に快適ですよ!(^^)!

 

まだマイナンバーカードを作っていない方は、ぜひ作ってみて下さいね!

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました