薬瓶のビニールの意味とは?開封後に捨てるかどうかを含め解説します

この記事は約4分で読めます。
  • 薬瓶のビニールって捨てて良いのかしら?
  • 何のために入っているの?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

私はお腹が弱いので、常にビオフェルミンSの錠剤を常備しています。

 

普段、何気なく買って飲んでいる錠剤の薬。

その錠剤の薬瓶の中に入っているビニールが、一体何のために入っているのかご存知でしょうか?

 

私も以前は、ビンの中に最初から入っているので、何かしら意味があって入れてあると思っていました。

 

なので開封後も大事に取っておいて、薬を飲んだ後はビニールを元に戻してフタを締めていたんです。

 

でも最近になって「世界一受けたい授業」というTV番組で知ったんですが、実はこのビニールは捨てて良いんです!

 

と言うか大事に取っている方は、すぐに捨てましょう!

 

 本記事の内容

  • 薬瓶のビニールの意味
  • 薬瓶のビニールを捨てる理由
  • 証拠となる取り扱い説明書

このビニールの意味を説明し、なぜ捨てた方が良いのかを解説します!

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

記事の信頼性

  • 世界一受けたい授業というTV番組で放送された
  • 錠剤の説明書にも記載されている

では早速ビニールの意味からみていきましょう。

薬瓶の中のビニールの意味


ご覧のように薬瓶には、瓶の上の方にビニールが詰め込んであります。

瓶の大小に関わらず必ず入っています。

 

このビニールには次のような意味があります。

 

薬が運送中に破損しないように保護する役割(緩衝材)

 

じろーパパ
じろーパパ

つまり運搬中の衝撃で、薬が砕けるのを防ぐのが目的なのです。
その他には特に意味はありません。

 

錠剤の薬はそれほど固くは造られていませんので、このような緩衝材が必要になるんですね。

ですので、開封後の薬の保管にこのビニールを使用する理由はないのです。

薬瓶のビニールを捨てる理由


先ほど、ビニールの意味についてお話ししました。

では、逆に捨てた方が良い理由についてもお話しておきます。

  1. ビニールは湿気を帯びやすいので、湿気が溜まり品質が変わる元になる
  2. 外に出したビニールに異物が付着し、瓶の戻す際混入する恐れがある
  3. 薬を出す時に、ビニールに引っ掛かった錠剤がこぼれる可能性がある

このようにビニールをそのまま残しておくことは、デメリット以外の何者でもありません。

 

確かに私も以前は残しておくのが常識だと思い込んでいましたが、この理由を知ってからは開封後にすぐ捨てるようにしています。

 

では次に、その証拠となる取り扱い説明書を見てみましょう。

証拠となる取り扱い説明書

これは、大正製薬の新ビオフェルミンS錠の取り扱い説明書の一部です。

 

(2)の項目にしっかりと記載されています。

ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすててください。
(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになります。
詰め物は、運送中に錠剤が破損するのを防止するためのものです。)

なかなか薬の説明書は、読まないですからね。

ついつい、1回に飲む量や回数くらいしか読まずに薬を使用してしまっている方も多いと思われます。

 

じろーパパ
じろーパパ

私もその1人でした。

「世界一受けたい授業」で紹介された証拠はコチラ↓

この番組は、ためになる雑学が多いので私も好んでよく観てます。

最近は、TVでこのようなお役立ち情報の番組が増えたので、新しい発見があって面白いですね(^^♪

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • 薬瓶のビニールは運送中に錠剤が破損するのを防ぐ役割がある
  • ビニールはそのまま入れておくと、湿気やすく錠剤の品質の変化の原因になる
  • 更にビニールの出し入れによって異物の混入や、錠剤をこぼす原因になる

とにかく、薬瓶のビニールは開封後にすぐに取って捨てた方が良いということです。

 

今回は大正製薬のビオフェルミンSという錠剤でお伝えしましたが、他の薬も同様の説明が説明書や外箱に書いてあります。

 

ちなみに新ビオフェルミンSの公式ページはコチラです↓

気になる方は、今一度説明書を読んでみて下さい。

 

すでに説明書や外箱を捨ててしまっている方は「錠剤名 説明書」で検索すると公式サイトで見ることが出きます。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました