毛ガニの旬の時期はいつ?その産地や食べ方などをご紹介します!

この記事は約8分で読めます。
じろーパパ
じろーパパ
突然ですが毛ガニの旬ってご存知ですか?

 

「タラバガニと同じ冬でしょ?」

「いいえ、私は夏に食べたことあるわよ!」

「毛ガニの旬?う~ん、よく分からないなぁ~」

 

このようにタラバガニやズワイガニの旬は知っていても、実は毛ガニの旬ってイマイチ分からない方が多いのではないでしょうか?

 

一般的には毛ガニの旬は冬と言われていますが、本当の所はどうなのか?

 

 

じろーパパ
じろーパパ
今回は無類のカニ好きの私じろーパパが、毛ガニについてお話します!

 

毛ガニの旬の時期はいつ?

毛ガニの産地はどこ?

美味しい毛ガニの選び方は?

おすすめの食べ方は?

通販で毛ガニを買うならどこが良い?

 

このような疑問にお答えします。

 

カニは旬に食べるのが一番おいしく食べられるので、ぜひ旬を知って頂きたいと思います。

特に毛ガニは高級食材で有名ですから、なおさらですね!

 

それでは早速、本題である毛ガニの旬の時期から見ていきましょう。

 

毛ガニの旬の時期はいつ?

日本で毛ガニの旬は12月~2月頃になります。

しかし漁場によって旬が違うので、一概に冬だけとは言い切れません。

 

じろーパパ
じろーパパ
それはなぜかと言うと、漁場によって脱皮や産卵の時期が違うからなんです!

カニは脱皮をすると殻が柔らかく、身が細くなり味が落ちてしまいます。

対してして脱皮後しばらくたったカニは殻も固くなり、身も詰まってきて美味しくなるんですが、それを堅蟹(カタガニ)と呼びます。

 

産卵後のカニも栄養を消費し身が細くなってしまいます。

この脱皮や産卵の時期が11月と3月なので、この時期は美味しくないと思われていますが実はそうでもないんです。

 

それは先ほども少しお話しましたが日本の場合、漁場によって脱皮や産卵の時期が違うからなんです。

 

では、その日本の漁場(産地)はどこなのかを見てみましょう。

 

毛ガニの産地はどこ?

日本の場合、主な産地は北海道沿岸各地と岩手県です。

胆振(いぶり)網走(あばしり)日高(ひだか)宗谷(そうや)十勝(とかち)釧路(くしろ)など、北海道沿岸の読み方の難しい地名と岩手県が漁場となっています。

 

また、オホーツク海を臨む北海道北部の紋別郡雄武町(もんべつぐんおうむちょう)も有名な漁場です。


海外ではアラスカ沿岸や朝鮮海峡などでも獲れます。

 

そして、この漁場によって次のように漁期が異なるのです。

漁場漁期
胆振 6月~ 7月
網走 3月~ 8月
※オホーツク海の流氷が溶けてから
日高12月~ 4月
宗谷 3月15日~8月21日
※オホーツク海の流氷が溶けてから
十勝・釧路 1月~ 3月
9月~12月
雄武町 3月~ 7月下旬
岩手県12月~ 3月
年間通して、場所を変えて水揚げされている

このように年間通してどこかしらで獲れるため、旬が冬と言う人もいれば夏と言う人もいる訳ですね(;^_^A

 

オホーツク海は氷が解けてからなので、雄武町は春~夏が旬になります。

夏は胆振で、秋は釧路、冬が十勝や岩手などが旬ですね。

 

じろーパパ
じろーパパ
毛ガニは年間通して、美味しく食べられると覚えておきましょう!

毛ガニだけでなく他のカニも気になるという方は、コチラの記事で違いを書いていますので、合わせてチェックしてみて下さい。

⇒タラバガニとズワイガニと毛ガニの違い!おすすめの通販サイトを紹介

 

では次に、美味しい毛ガニの選び方についてお話します。

 

美味しい毛ガニの選び方は?

これは市場などで買う場合の知識ですので、通販サイトでは使えませんのであしからず。

まず毛ガニは、タラバやズワイと違って大きさが小さいです。

ですので、そもそも足などの細く身が少ないですので、出来るだけ身入りが良いものを選びたいところです。

ではどうするか。

  • 手で持って重さを比べて、より重たい方を選ぶ
  • 毛ガニは新鮮さが大事なので、なるべく生き蟹を選ぶ
  • 甲羅を触ってみて固い方を選ぶ
  • 甲羅の色が茶色で濃い物を選ぶ

毛ガニの醍醐味はズバリ『カニ味噌』ですから、出来れば生き蟹を購入したいところです。

死んだカニはいつ死んだか分からないので、鮮度が心配ですからね(;^ω^)

 

また、甲羅が柔らかいカニは脱皮してから日が浅いため、身入りが悪かったり味噌が少なかったり、味が悪かったりするので避けた方が無難です。

また、甲羅に色が薄い物も身入りが少ないので避けましょう。

 

さて毛ガニを手に入れたら、後は食べるだけ( *´艸`)

 

おすすめの食べ方は?

 

毛ガニと言ったら、茹でるか蒸すかして食べるのが手っ取り早いし美味しいです( *´艸`)

 

毛ガニの身はタラバやズワイの身にも負けないくらい甘みが強く、味が良いのが特徴なんです!

ただし、カニ自体が小さいのでボリュームには欠けるのが難点ではありますが(^^;

 

そこで普通に食べても美味しいのですが、通販などの冷凍ものの場合ちょっと味が薄かったりしませんか?

 

そんな時は、ポン酢に少しつけて食べると美味しいんですよ!って、これは皆さん知ってますよね。

 

我が家では、岩塩を用意し小皿に用意して少しつけて食べています。

岩塩は天ぷらやポテトフライにも合いますし、1つ持っておくと何かと重宝しますよ!

画像のように岩塩は粒が大きいので、細かく砕いてから使用します。

created by Rinker
Chef's choice(シェフズチョイス)
¥842(2020/07/12 22:15:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

じろーパパ
じろーパパ
岩塩は、ほんの少しつけるだけで味が変わりますよ!

 

通販で毛ガニを買うならどこが良い?

通販で毛ガニを買う場合は、やはり自宅でじっくり味わいたいもの。

簡易梱包でも良いから、良質な毛ガニが食べたい!

そんなあなたへおすすめの通販ショップがあります!

 

【カニの浜街道】

  • 新鮮で元気なカニのみを取り扱っています!
  • 最盛期に獲れた堅ガニだけを厳選!
  • 送料全国一律1200円!(20,000円以上の購入で送料無料)
  • 楽天ポイントが使える!
  • アマゾンPAYがが使える!
  • 代引き・銀行振り込み・クレジットカードでお支払い可能!

公式サイトはコチラ↓

 

まとめ

  • 毛ガニの旬は12月~2月だが、産地によって違う
  • 冬だけでなく、年間通して旬の毛ガニがある
  • 産地は北海道沿岸各地と岩手県
  • 毛ガニを選ぶポイントは甲羅の色と固さ、それと重さで決める
  • 美味しく食べるなら、茹でてポン酢が岩塩がおすすめ
  • 通販で毛ガニを買うならカニの浜街道

いかがだったでしょうか?

旬が1年通してあるというのも毛ガニならではですね!

記事を書きながら、いつか北海道旅行にいってお腹いっぱい毛ガニを食べてみたくなりました(^^♪

夏の北海道で毛ガニツアーとか最高じゃないですかね♪

 

お近くに毛ガニを買えるお店があればよいですが、無い場合はカニの浜海道はおすすめですよ!

ぜひお試しください♪

 

昨年タラバガニを実際に通販サイトで買ったので、コチラの記事も参考にどうぞ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました