無線LANと有線LANの併用!それぞれの良さを活かす使い分け方!

この記事は約8分で読めます。

パソコンって無線LAN(Wifi)で繋いでますか?

それとも有線LAN(ケーブル)で繋いでいますか?

 

うちはネットを利用する機器は、ノートパソコンとプリンターにタブレット、それとスマホと家庭用ゲーム機があります。

 

私は今まで無線LAN>有線LANの順で、WiFiの方が優れていて新しい技術だと認識していて、ケーブルがわずらわしいのもあり全ての機器をWiFiで繋いでいました

 

昔、TVに付いていたチャンネルがリモコンで変えられるようになり、電話の受話器がコードレスに変わりました。

そのうち家庭用ミニコンポのスピーカーから配線が消えて、自由にレイアウト出来る様になったりと時代はコードレスへと移っていきました。

 

そんな進化を見て来た訳ですから、コードレスこそ技術の証だと信じて疑いませんでした。

 

そうなると当然、有線ケーブルが進化した物がWiFiだと考え、通信速度も同じ物だと思っていたんです。

 

 

ところが、会社のパソコンに詳しい人に聞いたら通信の速さが全然違うよと言われました。

 

えっ?そうなの?

 

いやいや、嘘でしょう?本当に?

 

にわかに信じがたい情報でしたが、詳しい方が言うのなら間違いないのかなと。

 

そこで初めてその違いを知り、自分でも調べてみる事にしました。

そして調べていく内に、それぞれのメリット・デメリットがある事が分かったんです!

 

無線LAN(Wifi)と有線LAN(ケーブル)のメリット・デメリット

それでは、それぞれのメリット・デメリットをあげていきます。

私は専門家では無いので、私なりに調べた事を書いてみました。

 

無線LAN(Wifi)

【メリット】

  • 電波で飛ばすので線を繋がなくても家中どこでもネットに繋がる
  • スマホやパソコンやタブレットや携帯ゲーム機など、ほとんどの機器に使える
  • プリンターがWiFi対応だと置き場が自由になる
  • 一般的なモバイル回線より高速になるので、快適にインターネットが楽しめる
  • 線が無いので部屋がスッキリする

【デメリット】

  • 通信速度が有線LANより遅い
  • 電波を乱す機器の側や鉄筋コンクリートの建物など、場所によっては電波状態が不安定でネットに繋がりにくくなる。
  • セキュリティー面でやや不安。
  • 機能面を上げるため高性能ルーターを求めると、有線よりも高額になる。

 

有線LAN(ケーブル)

【メリット】

  • 通信速度が速い
  • ゲーブルで繋ぐので通信が安定している。
  • セキュリティ一面で安心
  • 線で繋がっているので、データ通信量の多い映画や動画なども通信状態が安定していて安心して観れる
  • ルーターが安い

【デメリット】

  • ケーブルを繋がないといけないので使用場所が限定される。
  • 部屋の中をケーブルを通す必要があり、ルーター周りに配線が集まりやすくゴチャゴチャしやすい。
  • 最近のパソコンやスマホやタブレットなどはLANポートが無く、別途アダプターなどを購入しないといけない場合がある。
  • 繋ぐ機器が増える度にケーブルを用意して壁などを這わせなければならず、都度お金と手間がかかる。

この様にそれぞれにメリット・デメリットがあります。

この特性を理解し、使う用途に応じて使い分けるのが良いのではないでしょうか。

 

無線LANと有線LANの使い分け

どちらも一長一短なのがお分かり頂けたかと思います。

では次に、それぞれの使い道についてみてみましょう。

 

【無線LANに向いているもの】

  • スマホ
  • タブレット
  • ノートパソコン
  • プリンター
  • 携帯ゲーム機
  • 家庭用ゲーム機(本体やソフトのアップデートの時は有線ケーブルが確実で早い)

特徴としては持ち歩ける物に関しては、無線LANが便利になります。

部屋のどこでもネットに接続出来ますので、特に通信の速さを求めない物に関しては無線LANで繋いだ方が良いと思います。

しかしゲーム機などで、アップデートやダウンロードなどを無線LANで行ってしまうと、途中で止まってしまったり失敗したりする事があります。

 

私もPS4のアップデートで何度か失敗しました(^^;

 

ここは有線LANで繋いであげた方が、通信が安定していてしかも速かったのでおススメです。

 

有線ケーブルに向いているもの】

  • デスクトップパソコン
  • 通信速度を必要とする場合(オートオークション参加など)
  • 家庭用ゲーム機のアップデート

 

うちの場合は車を仕入れる時だけ有線ケーブルをノートパソコンに繋いで、普段はWiFiで使用しています。

それでも速さ的には満足しているので、決してWiFiは遅い訳ではないんです。

ただ、有線ケーブルが超速いだけなんですよね。

 

感覚的には有線LANは無線LANの1.5倍~2倍くらい速いです!

ちなみに私が車を仕入れる時に使っているオートオークションでは、有線LANでしか参加出来ません。

セリはほんの数秒で終了してしまうので、無線LANの速度ではPOS押し(入札)が間に合わないからです。

 

普段無線LANで慣れていると、有線LANにした時の速さにビックリしますΣ(・□・;)

ページがサクサク切り替わり、Webの観覧などもほぼ待ち時間が発生しません。
この様に、有線LANは確かに速くて安定していてセキュリティー面でも安心なのですが、いかんせん有線ですから部屋の中を通す必要が出てきます。

家を建てる時に初めから壁中に配線を通す工事をしておけば良かったと、今になって後悔しています(´-ω-`)

今度、有線LANの配線工事がどのくらいで出来るのか、調べてみようと思っています。

 

部屋の中を配線通すのも嫌だったので、今は仕方なく有線ケーブルを普段ルーターの所に巻いて置いておいて、必要な時に伸ばして接続して使っています。

この様にどちらも使えるようにしておくと、いざという時に困らないで済みます。

ノートパソコンをリビングのテーブルまで移動して、ここで有線LANに接続してセリに参加しています。



まとめ

  • 通信速度は有線LAN>無線LAN>モバイル通信の順に速い
  • 無線LANは電波で飛ばすので線がない分スッキリするが速度は遅い
  • 無線LANは鉄筋コンクリートの建物や電波を乱す機器の側では安定しない
  • 有線LANは通信速度は速いが、線を引っ張る必要があるので部屋がゴチャゴチャしやすい。
  • 有線ケーブルとWiFiを上手く使い分けると快適なネット環境になる

WiFiも技術の進歩で日々速くなってきてますから、無理に有線ケーブルを買う必要は無いかも知れません。

 

でも、1本有線LANケーブルを持っておくと何かと安心ですよ♪

今やインターネットは生活に欠かせないアイテムとなっています。

無線LANと有線LANを上手に併用して、快適なネットライフを満喫しましょう♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました