おさんどんはどこの方言?意味や使い方と男の場合は何というのか調査

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

おさんどんとはどこの方言なのでしょうか?

 

おさんどんと聞いてどんな意味なのか全く想像もつかない人もいると思います。

 

私も日常で耳にしたことはなく、戦記絶唱シンフォギアのキャラソンの歌詞で初めて知りました。

 

この記事で分かること

  • おさんどんはどこの方言?
  • おさんどんの意味は?
  • おさんどんの使い方は?
  • おさんどんは男の場合は何なのか?

この記事では、おさんどんがどこの方言なのか、そして意味や使い方と男の場合なんというのか調査しました。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

おさんどんはどこの方言?

おさんどん

おさんどんは、京都府やその周辺の地域で使われていた方言のようで、京ことばとして紹介されていることもあります。

 

町家が立ち並んでいる京都の風景を思い浮かべると、京都で使われていた言葉なのもわかるような気がします。

 

ただ、最近ではあまり使われていないようなので、京都生まれの方でも聞いたことがないという人はいると思います。

 

おさんどんの意味は?

本

おさんどんは、台所仕事またはその仕事をする人という意味で使われます。

 

由来は諸説ありますが、江戸時代、町家の下女が「お三」と呼ばれることが多かったことから、(三女に「おさん」と名付けることが多かったと言われています。)

 

それが転じて、おさんどんになったというのが通説となっています。

 

「お」は接頭語で、「どん」は殿の音が変わったものと言われています。

 

「どん」は昔の奉公人に使われる言葉で、西郷どんという言葉は聞いたことがある人も多いと思います。

 

大奥で下女がいる御三之間からきているという説もあります。

 

御三之間の下女は、御三之間より格上の座敷の掃除や上級の女中の雑用係を担当していました。

 

他には、かまどを意味する「御爨」からきているという説もあります。

 

上述の2つの説を読んで分かるとおり、おさんどんという言葉は女性に対して使われてきた言葉なんですね。

 

おさんどんの使い方は?

はてな

毎日食事を3食作ることを「三度のおさんどん」と表現したり、妻が夫側の母の炊事を手伝うことを「おさんどんをする」と表現することがあります。

単純に料理することを指す場合もあります。

 

おさんどんのことを「おさんど」と言う人もいます。

 

使い方というわけではありませんが、西日本側には店名として取り入れている飲食店があります。

 

ただ炊事をする下女に使われていたことや、家事は女性がするものという固定観念を連想させることから、現代では差別用語と捉えられなくもないので注意が必要な言葉です。

 

おさんどんは男の場合は何なのか?

スーツ姿の男性

ネットで調べたところ、おさんどんと同等にあたる言葉は見つけられませんでした。

 

そもそも、「男子厨房に入らず」ということわざがあるくらい、日本は長い間炊事は女性がやるものと認識されてきました。

 

江戸時代に男性が炊事を行う場面が無かったことから、おさんどんにあたる言葉が生まれなかったと言われています。

 

まとめ:おさんどんはどこの方言?意味や使い方と男の場合は何というのか調査

まとめ
まとめると、

  • おさんどんや京都府やその周辺で使われることが多かった
  • おさんどんの意味は台所仕事またはその仕事をする人
  • おさんどんの由来は、町家の下女に多かった「お三」に「殿」をつけたものが変化したというのが通説
  • おさんどんは差別用語と捉えられる可能性あり
  • 男の場合のおさんどんにあたる言葉は探しても見つけられなかった

現代社会では、性別に関係なく家事を行うものという認識が広まってきているので、おさんどんという言葉を聞かなくなったのも納得です。

 

自分が食べる物なので、誰が担当と決めつけるのではなく、その時にできる人が分担するのがいいかもしれませんね。

 

今は男女関係なく家事を行いますので、そのうちこの言葉は忘れ去られるかも知れませんね。

【 人気ブログランキング 】

ブログランキングに参加中です。

応援して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
じろーパパの見聞録
タイトルとURLをコピーしました