日清のCMがおかしい理由は?気持ち悪いものからパロディものまで調査

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

日清のCMはちょっとおかしいものが多いですが、その理由は何でしょう?

 

見た瞬間に「 えっ?何これ? 」と思うようなCMが目立ちます。

 

この記事で分かること

  • 日清のCMがおかしい理由は?
  • 日清のCMで気持ち悪いものは?
  • 日清のCMでパロディものは?

この記事では、日清のCMがおかしい理由と、気持ち悪いものからパロディものまで調査したことをお伝えします。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

日清のCMがおかしい理由は?

はてな

日清のCMが他のCMとは違い、インパクトが大きいものや、一見するとなんだかよくわからないものまであるのは、日清の製品が昔からあること、SNSが身近にあることの二つが関係しています。

 

新製品が次々生まれ、「 ここが新しい 」「 ここが変わった 」というような内容の他企業のCMが多く放送されている中、日清の場合昔からある定番商品のCMが多いので色々な工夫が必要なんです。

 

日清の公式ホームページで、日清食品グループ社員の大切な4つの思考として

  1. Happy
  2. Creative
  3. Unique
  4. Global 

というものがあります。

 

常にクリエイティブで、世界にも通じるようなユニークなものを作り出していこうという方向性が日清のCMにつながっています。

 

ちなみに、日清の公式ホームページもなかなかインパクトがあります。

 

もう一つ、SNSが身近にある現代では「 良くも悪くも印象に残る 」ものが取り上げられやすいです。

 

さらにTikTokの人気により、最近は短い時間でインパクトを残す映像が若い人に好まれています。

 

そのため、日清のCMは「 短い時間で良くも悪くも印象に残るもの 」を目指した映像づくりをしているのです。

 

日清のCMで気持ち悪いものは?

はてなと女性

数ある印象深いCMの中でも子供が怖がりそうなものは、「 カレーメシ 」です。

 


日清カレーメシCM「 カレーメシファミリー 篇 」30秒 / キュートン

created by Rinker
カレーメシ
¥1,491 (2024/02/28 09:49:56時点 Amazon調べ-詳細)

椿鬼奴さんなどの吉本興業所属芸人によるユニット「 キュートン 」がカレーメシの各味を紹介するというものです。

 

知名度の高い芸人さんを多数起用したというものでもなく、「 なんだったんだろう? 」という印象があります。

 


日清カレーメシCM「 カレーメシからの 篇 」30秒 / ハリウッドザコシショウ

 

ハリウッドザコシショウさんが前面に押し出されたCMという印象です。

 

ハリウッドザコシショウさんの不思議な世界観を知らないと怖く感じてしまうこともありそうです。

テンション上がる方もいれば、気持ち悪いという声も。

 

まさに賛否両論ですね。

 

こういった声も、「 ないよりは良い 」と考える攻めのスタイルが日清流なのです。

 

日清のCMでパロディものは?

ラーメン

そんな日清のCMで最近話題なのが、「 夏は食っとけシーフード篇 」で使われているボカロ曲が使われた映像です。

 

カップヌードルCM「 夏は食っとけシーフード 篇 」30秒 / ゆこぴ

 

created by Rinker
カップヌードル
¥1,575 (2024/02/28 09:49:57時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは現在大人気のボカロ曲「 強風オールバック 」のパロディで、曲自体の人気とメロディのキャッチーさも相まって話題となっています。

 

こちらがパロディ元の楽曲です。

Yukopi – 強風オールバック ( feat.歌愛ユキ )

 

他にも、シーフードヌードルは早見優さんの楽曲「 夏色のナンシー 」をパロディした「 ほぼイカ登場 篇 」も映像と相まって印象的でした。

 

まとめ:日清のCMがおかしい理由は?気持ち悪いものからパロディものまで調査

まとめ
まとめると、

  • 日清のCMが奇抜なのはSNSの影響や製品自体が昔から変わらずあることが理由
  • 特に奇抜なCMは芸人を多く起用した「 カレーメシ 」
  • 最近話題のパロディCMはボカロ楽曲を使用した「 夏は食っとけシーフード篇 」

毎日大量に目にする機会のあるCMの中ですぐに思い浮かぶものは、好ましいものであったり、逆にあまり好きではないものであったりするのは仕方のないところ。

 

15秒という短い時間に詰め込んだ企業努力は視聴者によって思わぬ反響があったり苦情になったりしますが、日清には常に攻めの姿勢を崩さずに新しいものを作り続けてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました