罠の戦争5話のネタバレと感想!事件の隠ぺいをしたのは総理の竜崎!?

スポンサーリンク
この記事は約10分で読めます。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

この記事では罠の戦争第5話のネタバレ、感想、SNS上での評判をご紹介させていただきます。

 

事件の隠ぺいをしたのは永田町の人間だと知った亨( 草彅 剛 )は、その力に対抗するために自らも国会議員になることを決意した。

 

地元の有力者である後援会長の鰐淵( 六平 直政 )を味方につけることに成功し、国会議員になるために本格的に動き出した。

 

しかし、同じ選挙区で対立候補として人気フリージャーナリストの有馬 保奈美が出馬することを聞かされる。

 

しかもそのバックには、総理の竜崎( 高橋 克典 )がついているという噂も。

 

亨はこの激戦を制し、国会議員になることはできるのか?

 

また、事件に関することに進展はあったのか?

 

罠の戦争第4話のネタバレと感想はコチラから↓

 

⇒罠の戦争第4話のネタバレと感想!鰐淵を味方につけることはできるのか?

 

まだドラマを観ていない方は、観覧注意ですよ!

 

\ U-NEXTなら初回31日間無料! /
罠の戦争を31日間無料で見る

罠の戦争第5話のあらすじと感想

あらすじ

それではシーンごとに、話のあらすじと感想をご紹介します。

 

  1. 蛯沢がスパイ!?
  2. スパイとその人物を利用していた人間が明らかに
  3. 魂の演説!選挙の結果は?

それでは順番に見ていきましょう。

 

1.蛯沢がスパイ!?

鷹野( 小澤 征悦 )に呼び出され、幹事長室を訪れる亨。

 

そこで聞かされたのは、亨と同じ千葉15区で対立候補として人気フリージャーナリストの有馬 保奈美が出馬するということだった。

 

有馬は前内閣の腐敗を暴き、現在の竜崎内閣が誕生した。

 

そのため有馬と竜崎が仲が良いのは有名だった。

 

つまり今回の選挙、有馬のバックには竜崎がついているということだった。

 

亨は竜崎が事件の隠ぺいを指示した人間だと思い、それで竜崎は亨と同じ選挙区に強力な対立候補を送り込み、亨を永田町から排除しようとしているのだと亨は考えた。

 

竜崎総理が敵だと知り、改めて気を引き締めて選挙に勝ち抜くことを決意する。

 

亨は鰐淵の力を借りて、何とか選挙資金の調達に成功した。

 

選挙運動の準備中、早速亨にとって悪い知らせが入る。

 

それは手配していたウグイス嬢が3人とも有馬陣営の方に引き抜かれてしまったのだ。

 

そして、亨のもとに記者の熊谷( 宮澤 エマ )が訪れてきた。

 

亨に対して悪い印象を与えるようなビラが出回っていることを教えてくれた。

 

これは有馬陣営の仕業なのか、それともスパイがいるのかと疑い始める亨。

 

そんな中ついに選挙運動が始まる。

 

厳しい状況の中、さらに蛯沢( 杉野 遥亮 )が大きなミスをしてしまう。

 

それは選挙期間中にもかかわらず、友人にご飯をおごり、さらに選挙に行ってほしいと言ってしまったのだ。

 

これは下手をすれば、選挙に勝てても選挙違反で当選無効になってしまう可能性もあるのだ。

 

これに対して貝沼( 坂口 涼太郎 )が、実はスパイじゃないのかと蛯沢に詰め寄る。

 

蛯沢もこれに対して反論し、二人は口論になってしまう。

 

そして蛯沢は、事務所を飛び出して行ってしまう。

 

鰐淵が蛯沢を切ろうというが、亨はとりあえず二人で話してくると言い、蛯沢を追いかける。

 

亨は蛯沢に電話をかけるが、留守電になっており電話に出なかった。

 

【 感想 】

新たな疑惑の人物が浮上し、その人物がまさか竜崎総理だとは思いませんでしたね。

 

毎回毎回、亨の敵は大物ばかりですね。

 

蛯沢は本当に、兄の陳情を担当したのが亨だと気付いていないのでしょうか?

 

物語が進むにつれて分かることだとは思いますが、できれば知らないでいてほしいと心から思います。

 

このドラマを通して初めて知ったのですが、選挙期間中に友人でも誰でもご飯をおごったりしてはいけなかったのですね。

 

これは少し勉強になりました。

 

2.スパイとその人物を利用していた人間が明らかに

蛯沢の帰りを待つ、亨と貝沼と蛍原( 小野 花梨 )。

 

貝沼と蛍原はもう帰ってこないので帰ろうというが、亨は待ち続けるという。

 

するとそこに、蛯沢が息を切らせながら帰ってきた。

 

蛯沢は友人におごった牛丼代を全て回収してきたのだ。

 

蛯沢は自分がスパイではないことを断言するが、蛯沢が友人にご飯をおごったこともビラでバラまかれ、別にスパイがいることは間違いなかった。

 

亨は一日の仕事を終え、泰生( 白鳥 晴都 )のもとへ向かう。

 

可奈子( 井川 遥 )に弱音を吐いていると、泰生の指が動いたのだ。

 

鶴巻幹事長( 岸部 一徳 )が、亨のもとへ応援に駆けつける。

 

亨に現金500万円を渡し、これを市会議員に渡し、票集めをさせろと言うのだった。

 

亨はかなりグレーなお金になると言い拒もうとするが、「 犬飼も使った手だ 」と言い、強引に亨に持たせたのだった。

 

そして、そのお金を貝沼に「 これを渡してほしい人がいる 」と言い渡した。

 

貝沼が市議会議員に「 今後ともよろしくという意味でまずはこれを 」と封筒を渡そうとする。

 

その時に警察が現れ、選挙違反の疑いがあると通報があったと言い、封筒の中を見せるように迫られる。

 

しかし封筒の中身は現金ではなく、選挙のビラだった。

 

警察は引き上げていき、亨は誰がスパイなのかが分かったようで、ある人物に電話をかけた。

 

その人物とは、竜崎の政務秘書官である猫田( 飯田 基祐 )だった。

 

スパイは亨の選挙運動を手伝っている女性の一人で、猫田がその女性から情報を仕入れていたのだ。

 

亨も逆に有馬側にスパイを忍ばせ、猫田にとって不都合な音声を録音していた。

 

亨はその音声で猫田を脅し、事件を隠ぺいを指示した人間は誰なのかと問い詰めるが、何も知らないと言いその場を去っていった。

 

【 感想 】

やっぱり蛯沢は、兄の陳情の件は何も知らなさそうですね。

 

できればこのまま最終回まで知らずにいてほしいです。

 

スパイが一般人過ぎて正直驚きでした。

 

もう少しドラマの中で有名どころの人物がスパイだと思っていました。

 

しかし総理に仕える者とはいえ、秘書が警察を動かせる力を持っているとは恐ろしいですね。

 

3.魂の演説!選挙の結果は?

そして選挙運動最終日、この日は鴨井大臣( 片平 なぎさ )が亨の応援に駆け付けていた。

 

15時から演説の予定だったが、亨が乗る車が渋滞にはまってしまい、時間に間に合いそうになかった。

 

亨が到着するまで鴨井がその場をつなぐことに。

 

鴨井と可奈子がその場をつないでいる間に亨が到着、演説を始める。

 

しかし、当初予定していた内容と全く違う内容の演説を始める。

 

息子には自分が正しいと思うことをしろと言っておきながら、自分はそれができておらず格好悪い大人だと。

 

だからこそ息子に誇れる人間になりたい。

 

弱くても強い代議士になりたい。

 

腐敗した権力と戦うために力をください、もう一度息子にかっこいいじゃんって言ってもらえるように、どうか私に力をくださいと。

 

亨は涙を浮かべながら力説した。

 

その演説を聞いた人々はみな亨に向けて拍手するのだった。

 

そしていよいよ投票結果発表の時。

 

僅差で対立候補の有馬を下し、見事亨が当選確実となった。

 

後日、代議士として警察署長のもとを訪れる。

 

捜査の不備を国会で問題にすることもできると言い、事件の隠ぺいを指示したのは総理かと尋ねる。

 

すると署長は笑いながら、何もわかってないなと言う。

 

「 本当に怖いのは誰なのか、あなたも敵に回したくないでしょう、幹事長だけは。 」と署長は言った。

 

【 感想 】

草彅 剛さんの演説は、その辺でしている演説より本当に心のこもった演説をしているなと感じてしまいました。

 

こういう人が演説していると、その人に投票したくなっちゃいますよね。

 

そして、事件の隠ぺいを指示したのは竜崎ではなく鶴巻なのか!?

 

今回も亨を応援してくれていたので味方だと思っていましたが、実は違うのか。

 

となると、いつも一緒にいる鷹野も怪しくなってきますね。

 

どんどん想像が膨らみますね。

 

罠の戦争第5話に関するSNSの声

SNS

それでは罠の戦争第5話のSNSの感想をいくつかご紹介しますね。

 

やはり今回も、草彅 剛さんの演技力の高さの反響がものすごいですね。

 

特に演説のシーンでしたね。

 

現実の選挙であれほど力の入った演説は正直見たことがありません( 笑 )

 

あんな演説をしていたら、みんな立ち止まって聞いてしまうでしょうね。

 

まとめ

まとめ

ここまで罠の戦争第5話のあらすじ、感想、SNS上での評判をご紹介させていただきました。

 

ついに国会議員になった亨ですが、まだまだ問題は山積みですね。

 

味方だと思っていた鶴巻が事件を隠ぺいした真犯人なのか?

 

だとしたら、鷹野も敵の可能性もありますね。

 

逆に竜崎は、そんな鶴巻派閥の人間を排除しようとする味方なのかもしれませんね。

 

そして最後のシーンで蛍原は、蛯沢の兄の陳情を対応したのが亨だというのを隠すために引き出しにしまっていましたが、果たして最後まで本当にバレないのか。

 

本当にバレたくないならシュレッターにかければいいのにと思ってしまいましたが( 笑 )

 

⇒罠の戦争6話のネタバレと感想!ついに因縁の黒幕が明らかに!?

 

罠の戦争第5話を見逃した方は、U-NEXTで31日間無料で視聴出来ますよ!

 

\ U-NEXTなら初回31日間無料! /
罠の戦争を31日間無料で見る

まだまだどうなるかわからないこのドラマ、次回以降も楽しみにしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました