罠の戦争に原作はある?脚本家は誰?あらすじも併せてご紹介します

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。
  • 罠の戦争に原作はあるの?
  • 脚本家は誰?
  • 罠の戦争はどんなあらすじなの?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

新ドラマ・罠の戦争、とても楽しみにしています。

 

罠の戦争には原作があるのか、それとも原作がなくオリジナルストーリーなのか気になりますよね。

 

ドラマって脚本家によって面白さが変わりますから、脚本家が誰なのかも話題になります。

 

実は、罠の戦争には原作はありません。

 

なぜなら、この作品の脚本家は後藤 法子さんで、完全オリジナルストーリーだからです。

 

罠の戦争は、戦争シリーズである「 銭の戦争 」「 嘘の戦争 」に続く戦争シリーズの第三弾として放送されます。

 

   本記事の内容

  • 罠の戦争に原作はあるの?
  • 罠の戦争の脚本家は誰?
  • 罠の戦争のあらすじをご紹介

ある程度のあらすじを知っておくだけでもドラマの内容が分かりやすくなりますよね。

記事の信頼性

  • 罠の戦争公式サイト
  • 他の複数のブログ記事
  • SNS上の情報

この記事を読み終えると、罠の戦争の原作の有無や脚本家、あらすじがわかります。

 

では早速みていきましょう。

 

罠の戦争に原作はあるの?

罠の戦争

罠の戦争に原作はなく、完全オリジナルストーリーです。

 

オリジナル作品ということで、ネタバレを意識することなく最終回まで楽しむことができます。

 

ネット上の一部からは「 原作は韓国ドラマなのでは? 」という声もあるようですが、これは違います。

 

戦争シリーズの第一弾「 銭の戦争 」は韓国のパク・イングォン著「 銭の戦争 」を原作とするリメイク作品でした。

 

しかし、第二弾「 嘘の戦争 」からはリメイクではなく完全オリジナル作品になります。

 

戦争シリーズの主人公は全て草彅 剛さんで、自分の家族を傷つけた人物に復讐するという流れはどの作品も同じですね。

 

約6年ぶりの戦争シリーズの新作ということもあり、ネット上の戦争シリーズファンからは多くの期待の声が上がっていました。

 

罠の戦争の脚本家は誰?

罠の戦争

罠の戦争の脚本家は、後藤 法子さんです。

 

以下に後藤 法子さんの簡単なプロフィールをご紹介します。

 

生年月日・・・1967年1月25日
年齢・・・・・55歳
出身・・・・・福島県須賀川市

 

後藤 法子さんは2000年にドラマ「 バカヤロー!2000 」で脚本家デビューを果たし、以降サスペンス・コメディー・連続ドラマなど数々のドラマや映画の脚本を手掛けてきました。

 

ここで後藤 法子さんが脚本を手掛けてきた主な作品を少しご紹介させていただきます。

 

【 ドラマ 】

チーム・バチスタシリーズ
銭の戦争
嘘の戦争
チア☆ダン
悪女( わる )~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?
都市伝説の女
10の秘密

 

【 映画 】

ごくせん THEMOVIE
神様のカルテ
僕だけがいない街
約束のネバーランド

見てわかるように、有名な作品を数多く手掛けていますね。

 

補足で、後藤 法子さんは競馬が大好きなようで競馬場の年間指定席を購入したことがあるほどだそうです。

 

他にも、自身が脚本を務めた作品の登場人物に競馬関係者の名前を付けたという話もあります。

 

よっぽど馬好きな方のようですね。

 

罠の戦争のあらすじをご紹介

罠の戦争

このドラマは、ある議員秘書が悪しき政治家に罠を仕掛け失脚させようとするリベンジエンターテインメントドラマです。

 

主人公の鷲津 亨( 草彅 剛 )は、衆議院議員の犬飼 孝介( 本田 博太郎 )の第一秘書を務めていた。

 

鷲津は20年前、路頭に迷っていた自分に手を差し伸べてくれた犬飼に恩義を感じ命がけで犬飼に尽くしてきた。

 

そんなある日、政治資金パーティーが行われている最中に鷲津の息子が何者かに歩道橋から突き落とされ、意識不明の重体だという知らせが鷲津のもとに入った。

 

何らかの事件に巻き込まれたのではないかと心配する鷲津だったが、捜査を担当する刑事から事故の可能性があると告げられる。

 

さらに命がけで尽くしてきた犬飼大臣から、その事件のもみ消しを指示される。

 

常に冷静で、何があっても感情を表に出さない鷲津だったが今回ばかりは怒りを抑えきれなかった。

 

この事件をきっかけに鷲津の中で何かが大きく変わり「 権力を振りかざす連中からその力を奪い取ってやる 」と決心した。

 

弱者による強気権力者への復讐劇が今始まる。

 

大体このような話ですね。

 

あらすじを見ているだけでもワクワクしますね。

 

放送開始日を楽しみに待ちましょう。

 

まとめ

まとめ

ここまで罠の戦争に原作はあるのか、脚本家は誰なのか、あらすじを紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

 

まとめると、

  • 罠の戦争には原作はなく完全オリジナルストーリー
  • 脚本家は後藤 法子さん
  • あらすじはある議員秘書が議員に罠を仕掛け失脚させようとするリベンジエンターテインメントドラマ

罠の戦争は完全オリジナルストーリーなので、毎週考察しながら楽しむことができるのでその面でも楽しみですね。

 

また、脚本家は戦争シリーズの第一弾第二弾と同じで後藤 法子さん、主演も第一弾第二弾に引き続き草彅 剛さんということで戦争シリーズファンからすれば楽しみでしかないのではないでしょうか。

 

罠の戦争のキャストや相関図についてはコチラの記事でまとめています↓

 

⇒罠の戦争のキャストと相関図は?草彅剛と登場人物をご紹介します

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンターテインメント
【 人気ブログランキング 】

ブログランキングに参加中です。

応援して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

じろーパパの見聞録
タイトルとURLをコピーしました