オールドルーキー2話ネタバレと感想!9歳スケートボーダーの気持ち

この記事は約9分で読めます。

この記事では、オールドルーキー第2話のあらすじと感想を紹介させていただきます。

 

スポーツマネジメント会社「 ビクトリー 」で働くこととなった新町亮太郎。

 

今回の仕事内容は、9歳のスケートボーダー・牧村ひかりとマネージメント契約を結ぶことだった。

 

亮太郎は今回も深沢と共に、牧村ひかりの練習場に向かう。

 

しかしすでにライバル会社が先に、ひかりの父・悠一と交渉していた。

 

その後すぐに亮太郎と深沢は父・悠一と交渉するが、拒絶される。

 

亮太郎はひかりの表情が気になり、ひかりは本当はどう思っているのか一人で聞きに行く。

 

亮太郎は牧村親子とマネージメント契約を結ぶことはできるのか!?

 

オールドルーキー第1話のネタバレと感想はコチラから↓

⇒オールドルーキー1話ネタバレと感想!亮太郎の第2の人生はどうなる

 

まだドラマを観ていない方は、観覧注意ですよ!

 

オールドルーキー2話のあらすじと感想

あらすじ

それではシーンごとに、オールドルーキー2話のあらすじと感想をご紹介します。

 

  1. 亮太郎の次の仕事とビクトリーの社員・梅屋敷の仕事
  2. 新町家のギクシャクする親子関係と、ひかりの本当の気持ち
  3. 亮太郎の選択

それでは順番に見ていきましょう。

1.亮太郎の次の仕事とビクトリーの社員・梅屋敷の仕事

亮太郎の次の仕事内容は、9歳のスケートボーダー・牧村ひかりとマネージメント契約を結ぶことだった。

 

亮太郎は深沢とともに牧村ひかりとその父・悠一に会いに行くが、そこにはすでに同業者の「 WPM 」という会社の社員の姿があった。

 

WPMは世界最大手のスポーツマネジメント会社だった。

 

その後亮太郎と深沢は交渉に向かうが、悠一は「 ひかりが3歳の頃から自分がスケートボードの指導をしていて、これからも自分が指導していく 」と言い契約を拒絶する。

 

一方梅屋敷は、プロゴルファーの高槻のマネージメントを担当していたが、高槻はある日をきっかけにショートパットが入らなくなるスポーツイップスに苦しんでした。

 

梅屋敷はイップス専門のクリニックを亮太郎に紹介してもらい、高槻を診察してもらうが全く効果がなかった。

 

梅屋敷は高槻との契約を切りたいと社長の高柳に相談するが断られ、何とかしろと怒られてしまう。

 

【 感想 】

高柳は亮太郎を働かせているのは、深沢を成長させるためだけだと言っていたのを聞いて、やっぱり悪い人なのかなと感じました。

 

また、ひかりちゃんの演技がうまいのか、悠一に言われて練習しているときは本当に楽しくなさそうに練習しているように見えたのですごいなと思いました。

 

スポーツイップスは私の身近な人でなっている人がいたので、「 あんなクリニックで治るわけないやろ 」と思わず笑っちゃいました。

 

2.新町家のギクシャクする親子関係と、ひかりの本当の気持ち

亮太郎は仕事の帰り道、泉実がサッカークラブの練習を見ているのを見かける。

 

サッカーやりたいならパパが一緒にやってあげると誘うが「 私はみんなと一緒にやりたい 」と言われ断られる。

 

そのことを妻の果奈子に話すと、亮太郎がサッカー選手を引退したため、お金の心配をしているのではないかと気付く。

 

実は妹の明紗も、誕生日プレゼントはいらいないと言っていた。

 

亮太郎はお金の心配はしなくていいから泉実はサッカークラブに行っていいし、明紗も誕生日プレゼント買ってあげると話すが断られる。

 

亮太郎は泉実に、今の仕事は全然楽しくなさそうと思われているようだった。

 

亮太郎は1人でひかりのところへ行き、一緒にスケートボードの練習していた。

 

一緒に練習する中で、亮太郎はひかりの本当の気持ちを聞き出す。

 

ひかりはスケートボードの楽しさは世界中に友達ができることだと言い、友達のトリックも見たいし自分のトリックも見せたいと話す。

 

しかし悠一は、勝ちにこだわりすぎて楽しくないという。

 

また悠一はスケートボードは素人のなので、難しい技はネットの動画などを見て悠一がいないときに練習しているという。

 

【 感想 】

私にはまだ子供はいないので想像でしかありませんが、亮太郎はすごく複雑な思いをしているんだろうなと思いました。

 

サッカーをやめたくてやめたわけではない、むしろやりたかったのにできなくなってしまったことが原因で自分の娘とギクシャクしてしまっている。

 

もし自分が亮太郎と同じ状況だったら、自分も外に走りに行ってしまっただろうな。

 

ひかりの本当の気持ちを聞き出したように、泉実と明紗ともちゃんと話し合って関係が元に戻ったらいいんですけどね。

 

3.亮太郎の選択

ひかりのスポンサーになってくれる企業を訪問した亮太郎と深沢は、帰り道に喫茶店に立ち寄る。

 

亮太郎は「 アスリートとは腹を割って話さなければならない 」と言い、すぐに席を立つ。

 

そこにたまたま居合わせていた梅屋敷はそのことを聞き、担当している高槻のもとを訪ねる。

 

そしてイップスになった原因が、高槻が飼っていた愛犬が死んでしまったことだということに気付く。

 

一方亮太郎と深沢は、マネージメント契約を結ぶため牧村親子の自宅を訪ねていた。

 

悠一は契約を承諾し、契約書にサインとハンコを押そうとするがハンコを押そうとしたところで亮太郎がそれを止める。

 

そして、ひかりに本当にこれでいいのか確認する。

 

ひかりは自分の本当の気持ちを語り始める。

 

「 ずっと父親の指導はいやだ、アメリカに行ってプロのコーチに指導してもらいたい。」と言った。

 

そこで亮太郎は、WPMと契約することを勧める。

 

実は亮太郎は自宅訪問前に、一人でWPMに行っていたのだ。

 

アメリカのWPMではプロのコーチが付き、インターナショナルスクールがあり、様々なスポーツ選手が競技をしながら学校にも通っているという。

 

悠一はひかりの気持ちと亮太郎の説得で、ひかりがアメリカに行くことを許す。

 

その帰り道、亮太郎は契約が取れなかったことで深沢に怒られる。

 

しかし、

 

「 スポーツマネージメントにとって一番大事なことは、アスリートの気持ちを尊重すること。」

「 今回の選択は、ひかりちゃんにとって一番いい選択。」

「 もしこの選択が間違っているというのであれば、僕はスポーツマネージメントの仕事はできない。」

 

と言い、深沢の心を動かす。

 

結果、WPMと共同マネージメント契約を結ぶことになり、高柳も渋々納得する。

 

そしてプロゴルファーの高槻も、梅屋敷に新しく愛犬を買ってもらったためイップスを克服することができた。

 

【 感想 】

やはり亮太郎の最後の言葉には感動しました。

 

アスリートだったからこそ、そのアスリートにとってどの選択が一番正しいのかが分かる。

 

深沢ももちろん悪い人ではありませんが、アスリートではなかったのでどうしても会社の売り上げ、利益を最優先に考えてしまうんでしょうね。

 

あとは、愛犬を買っただけでイップスは治るものなのか?と疑問に思ってしまいました(笑)

 

オールドルー2話に関するSNSの声

SNS

オールドルーキー2話を観た方の感想を、Twitterからいくつかご紹介しますね。

 

みんな泣いてるみたいですね。

 

綾野剛君の演技力というか、あの表情でやられます。

 

第3話が楽しみ♪

まとめ

まとめ

オールドルーキー第2話も楽しく拝見させていただきました。

 

個人的には娘たちとの関係が気になります。

 

亮太郎は頑張っているので、早く関係が改善してほしいですね。

 

あとは亮太郎はやはりサッカーに未練があるようで、現役復帰するのかそれともビクトリーを続けていくのか注目したいところです。

 

YouTubeでダイジェスト版が観れますよ!


次の仕事も元アスリートならではの視点で、亮太郎らしくマネージメント業務をしていくことを期待したいですね。

 

オールドルーキー第3話のネタバレはコチラ↓

⇒オールドルーキー3話ネタバレと感想!日本マラソン界のエースの本心

 

オールドルーキーのロケ地はコチラ↓

⇒オールドルーキーのロケ地はどこ?ドラマ撮影場所をまとめてみました

 

ぜひ併せてお読みくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました