年越しそばはいつから始まったの?いつ食べたらいいのか時間も解説

この記事は約5分で読めます。
  • 年越しそばっていつから始まったの?
  • 年越しそばって何のために食べるの?
  • 年越しそばはいつ頃から食べるのが正解なの?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

私も毎年、大晦日には

年越しそばを食べています。

 

日本人の多くが毎年、当たり前のように食べている年越しそば。

 

みんなが食べているから何となく食べている。

 

そういう方も多いんじゃないかと思います。

 

では、いつからこの風習が始まったのか、ご存じでしょうか?

 

実は、年越しそばは江戸時代頃から始まったという記録が残っています。

 

なぜなら、江戸時代後期の書物「 大阪繁花風土記 」という書物に記載されていたからです。

 

   本記事の内容

  • 年越しそばはいつから始まったのか?
  • 年越しそばを食べる時間は?

私も、年越しそばがいつから始まったのか、何時ごろに食べればいいのか、食材は何を入れればいいのかなどは何も意識していませんでした。

 

ただ昔から食べているから、という理由だけで食べていました。

 

記事の信頼性

この記事を読み終えると、年越しそばがいつ始まったのかと、いつ食べたら良いかがわかります。

 

では早速みていきましょう。

 

年越しそばはいつから始まったのか?

年越しそば②

いつから始まったのか正確な時期は不明です。

 

ただ、先ほど記載した通り、江戸時代後期に発行された『 大坂繁花風土記 』という書物に年越しそばを食べていたという記述があります。

 

ですから、江戸時代中期には文化として定着していたということが分かります。

 

そんな昔から現在の令和の時代まで続いている風習だったとは、知ってしまうと感心しますよね。

 

ちなみに江戸時代当時、商家では「 1ヶ月間お疲れ様でした。 」という意味を込めて、毎月の月末にそばを食べていました。

 

これが「 晦日そば 」といい、現在の年越しそばに繋がっていきました。

 

現在ではお昼ご飯などに当たり前のように食べられているそばも、昔の人にとっては特別な食べ物だったようですね。

 

年越しそばを食べる時間は?

年越しそば③

これも、明確に何時ごろに食べなければいけないという決まりはありません。

 

ですが、一般的には年が明ける前の12月31日中です。

 

理由は、そばは他の麺類に比べて切れやすいという特徴があります。

 

年が明ける前に食べることで「 その年にあった苦労や厄災を切り捨て、良い新年を迎える 」という意味があるからです。

 

家庭によってはお昼ご飯で食べたり、夜ご飯で食べたり、23時ごろに食べる家庭もあるかと思います。

 

基本的には、12月31日中であればいつでも問題ありません。

 

この意味があるので、年が明けてから食べるのはあまり良くありません。

 

年越しそばと同じように、食べる時間で悩みがちなのがクリスマスケーキですよね?

 

コチラの記事ではクリスマスケーキを食べるタイミングについてまとめてありますので、併せてご覧ください。

 

⇒クリスマスケーキはいつ食べるのが正解?調べて分かった驚きの真実!

 

ただ地域によって違いもあり、福島県の会津地方では年が明けてから食べる「 年明けそば 」という風習があります。

 

また、新潟県の一部地方では1月14日に食べる「 十四日そば 」という風習があります。

 

なので私は、「 絶対に年越し前に食べなければいけない 」とは思いません。

 

実際、私は年が明けてから食べることも何度もありましたが、そんな不幸なことは起こっていません!

 

まとめ

まとめ

ここまで年越しそばはいつから始まったのか、食べる時間について説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

まとめると、

  • 年越しそばは、明確には不明ですが江戸時代中期頃には習慣化していた
  • 年越しそばには「 1年の苦労や厄災を切り捨て良い新年を迎える 」という意味がある
  • 年越しそばは、一般的には12月31日中に食べれば何時でもOK
  • 一部では12月31日に食べない地域もある

ただ、毎年漠然と年越しそばを食べていたという方も多いと思います。

 

この記事を読めば、例えば自分の子供に由来などを説明しながら食べるとより一層楽しく食べることが出来るかもしれませんね。

 

せっかくの1年に1回しかない年越しです。

 

自分の好きな時間に、好きなトッピングをして、好きな人や家族と一緒に年越しそばを食べることが出来れば良いですね。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました