ファスナーやチャックの由来って?気になる疑問を調査してみました!

この記事は約5分で読めます。
  • チャックとファスナーの由来が知りたい
  • チャックとファスナーの違いは何だろう?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

はるか
はるか

ファスナーやチャックと呼びますが、

正しい呼び方は分からないですね。

 

服、パンツ、リュック、財布、シューズなどに付いている、ギザギザで開け閉めするアレ!

 

ファスナーやチャックと呼ばれています。

 

人によってファスナーやチャックと呼び方が違い、疑問が生まれ気になりますね。

 

ファスナーとチャック、どちらが正解なのでしょうか?

 

実は、ファスナーとチャックは同じものを指しているため、どちらも正解なのです!

 

なぜなら、アメリカ生まれのファスナーと日本生まれのチャックでは、生まれた国と由来が違うだけだからです。

 

   本記事の内容

  • チャックとファスナーの由来
  • チャックとファスナーの違い

「 ファスナーとチャック 」や「 チョッキとベストとジレ 」のように、同じものなのに呼び方が違うことがあります。

 

由来を知っておくと、迷わず使うことができますね(^-^)

 

記事の信頼性

  • 大手ファスナーメーカーのホームページに違いが公表されている
  • ファスナーとチャックの違いを書いたブログがたくさん存在している

ファスナーやチャックの由来を調べてみました。

 

この記事を読み終えると、ファスナーやチャックの由来が分かり、気になる疑問を解決することができます。

 

では早速みていきましょう。

 

チャックとファスナーの由来

理由

チャックとファスナーの由来を調べてみました!

 

  1. チャック:日本のメーカーが名付けた呼び方
  2. ファスナー:fastener「留め金具」などの意味

 

ファスナーは英語でどんな意味があるのかは、こちらの記事をご覧ください。

 

 

それでは、順番に見ていきましょう。

 

1.チャック:日本のメーカーが名付けた呼び方

1927年に広島県尾道市の日本開閉器協会・チャック・ファスナー社が命名しました。

 

日本でファスナーが普及され始め、「 チャック印 」という名前で販売開始!

 

チャック印は丈夫で壊れにくいと評判になり、「 チャック 」という名前が定着しました。

 

当時は登録商標を取得していましたが、現在は一般名称として使用できます。

 

はるか
はるか

日本ではファスナーより

チャックの方が定着しているようですね。

 

2.ファスナー:fastener「 留め金具 」などの意味

1891年にアメリカ人のホイットコム・ジャドソン氏が開閉可能な留め具を開発しました。

 

靴ひもを結ぶ不便さを解消するために開発され、ファスナー付きの靴が始まりと言われています。

 

1893年にユニバーサルファスナー社が量産開始しました。

 

はるか
はるか

革命的な商品だったことが分かりますね。

 

チャックとファスナーの違い

日本 アメリカ

チャックとファスナーの違いについて調べてみました!

 

  1. チャック:日本生まれ
  2. ファスナー:アメリカ生まれ

 

「 チャックとファスナーの由来 」のとおり、チャックとファスナーは生まれた国と由来が違うだけです。

 

アメリカで評判となったファスナーが、日本でも評判となりチャックと呼ばれるようになりました。

 

チャックとファスナーはさまざまな商品に付いており、サイズや種類もたくさんありますが呼び方はどちらも正解です。

 

はるか
はるか

チャックやファスナーは、

ファッションには欠かせないアイテムですね。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • チャックとファスナーの由来
    チャック:日本のメーカーが名付けた呼び方
    →1927年に広島県尾道市の日本開閉器協会・チャック・ファスナー社が命名
    ファスナー:fastener「留め金具」などの意味
    →1891年にアメリカ人のホイットコム・ジャドソン氏が開閉可能な留め具を開発
  • チャックとファスナーの違い
    チャック:日本生まれ
    ファスナー:アメリカ生まれ

ファスナーとチャックは同じものを指しており、どちらも正解でしたね。

 

ファスナーやチャック付きの商品を探す場合は、両方で検索するのがおすすめです。

 

例えば、Amazonや楽天市場などでファスナー付きのカードケースを探す場合には、

 

「 ファスナー カードケース 」と「 チャック カードケース 」で検索しましょう。

 

たくさんの商品から、あなたの好みの商品を探すことが出来ますよ。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました