ファスナーやチャックが外れた!ファスナーやチャックを直す方法とは

この記事は約6分で読めます。
  • ファスナーやチャックが外れたらするべきこととは?
  • ファスナーやチャックが外れた時の直し方が知りたい

この記事では、このような悩みを解決します。

 

はるか
はるか

ファスナーやチャックが多めの服はよく外れるから、
簡単に直せたらいいですよね。

 

クローゼットを見ると、ファスナーやチャックが付いた服や小物が多いあなた!

 

ファスナーやチャックが外れたら、どうしていますか?

 

外出前や外出中にファスナーやチャックが外れたら、とても困ってしまいますよね。

 

そこで、自分で簡単に直せたら良いな~って思いませんか?。

 

実は、ファスナーやチャックが外れた時は、自分で簡単に直せる方法があります!

 

なぜなら、ファスナーやチャックの仕組みを知れば、身近な道具を使って直せるからです。

 

   本記事の内容

  • ファスナーが外れたらするべきこと2つ
  • チャックの外れた時の直し方

以前、外出先でファスナーやチャックが外れ、必死に隠して疲れていました。

 

事前に知っておくと、外出先でも対応出来ますね(^-^)

 

記事の信頼性

  • ファスナー修理屋のブログが存在している
  • 実際に自分で直した方の動画が公表されている

直すのに使用するのは、特別な道具ではなく身近な道具です。

 

この記事を読み終えると、ファスナーやチャックの仕組みが分かり、外れたら自分で簡単に直せるようになります。

 

では早速みていきましょう。

 

ファスナーが外れたらするべきこと2つ

ファスナー チャック 外れた 

ファスナーが外れたらするべきこと2つはコチラです!

  1. スライダーの「コ」の幅を確認する
  2. エレメントの破損がないか確認する

 

ファスナーが外れたらするべきことは、たったの2つです!

 

ファスナーの名称、仕組み、閉まらなくなる原因については、こちらの記事をご覧ください。

 

 

ファスナーが外れる原因は、嚙み合っていないからです。

 

ファスナーが外れても落ち着いて、まずは原因を探します。

 

それでは、順番に見ていきましょう。

  1. スライダーの「 コ 」の幅を確認する
    スライダーの「 コ 」の部分が広がっている場合は、ペンチを使って締める
    スライダーの「 コ 」の部分が狭くなっている場合は、マイナスドライバーを使って広げる
  2. エレメントの破損がないか確認する
    エレメントが左右交互に均等に並んでいない箇所を、ペンチを使って均等にする

 

【 参考動画 】

 

はるか
はるか

ファスナーの仕組みを知れば、簡単に直せますね。

 

チャックの外れた時の直し方

服 イラスト

チャックの外れた時の直し方はコチラです!

 

  1. スライダーがエレメントから片方外れた場合
  2. スライダーがエレメントから両方外れた場合
  3. 下が外れてX字になっている場合
  4. チャックの引き手が外れた場合

では、順番にみていきましょう。

 

1.スライダーがエレメントから片方外れた場合

  1. 生地ごとエレメントを折り曲げて隙間を作る
  2. エレメントにスライダーをはめ込み嚙合わせる

 

【 参考動画 】

 

 

はるか
はるか

道具を使わず簡単に直せるのでおすすめです!

 

 

コチラの記事でもご紹介させて頂いた方法です。

 

ペンチやフォークを使った驚きのファスナーの直し方も必見です!

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

今回は、他の方法もご紹介いたします。

 

2.スライダーがエレメントから両方外れた場合

  1. はさみ、縫い針、縫い糸、UVレジンや手芸用ボンド( 無くても可能 )を用意する
  2. ファスナーのスライダーを下まで下げる
  3. エレメントの下から1~1.5cmを、はさみでカットする ( 両方とも )
  4. スライダーをエレメントに押し当ててはめ込む ( スライダーの溝が大きい方が上 )
  5. もう片方も同じようにはめ込む ( はまるとカリッと音がする )
  6. はまったら上までファスナーを上げ、針と糸でエレメントの下の方を縫い留める
  7. UVレジンを塗って30分ほど乾かして安定させる ( 無くても可能 )
  8. 針と糸でエレメントをもう一カ所縫い留める
  9. 手芸用ボンドを塗って乾燥させて接着させる ( 無くても可能 )

 

【 参考動画 】

はるか
はるか

根気よくスライダーをエレメントにはめ込んで下さいね。

 

3.下が外れてX字になっている場合

  1. ラジオペンチを用意する
  2.  噛み合っている箇所までスライダーを戻す
  3. ラジオペンチでスライダーの両側を軽く締める
  4. 横から見てスライダーが平行になっていたらスライダーを動かして確認する

 

【 参考動画 】

はるか
はるか

スライダーについても詳しく説明されています。

 

4.チャックの引き手が外れた場合

  1. 引き手が付いていた箇所に、安全ピンや紐やゼムクリップを付ける

 

【 参考動画 】

はるか
はるか

財布やカバンに入れておくと、いざという時に助かりますね。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • ファスナーが外れたらするべきこと2つ
    1.スライダーの「 コ 」の幅を確認する
    2.エレメントの破損がないか確認する
  • チャックの外れた時の直し方
    1.スライダーがエレメントから片方外れた場合
    2.スライダーがエレメントから両方外れた場合
    3.下が外れてX字になっている場合
    4.チャックの引き手が外れた場合

ファスナーやチャックが外れたら、突然のことですが落ち着いて直しましょう。

 

無理やり引っ張るとファスナーやチャックが壊れたり、生地が傷むので優しくが基本です。

 

応急処置として、生地の裏から安全ピンやガムテープで留める方法もあります。

 

ペンチや安全ピンなどの道具で、怪我をしないようにして下さいね。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました