緑茶コーヒーは食後に飲むのがベスト!?効果的な飲み方を詳しく解説

この記事は約6分で読めます。
  • 緑茶コーヒーを試したけど効果がなかった
  • 飲み方がよくなかったのかな?
  • 冷たいのが好きだけど、ホットの方が良いの?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

はるか
はるか

私も緑茶コーヒーダイエットに興味があります!

 

飲むだけで痩せると話題の緑茶コーヒーダイエット。

 

どうやって飲めば、より緑茶コーヒーの効果を実感出来るのでしょうか?

 

ポイントは飲み方にあったんです!

 

実は、緑茶コーヒーは食後に飲む方がおすすめなんです!

 

なぜなら、緑茶コーヒーを食後に飲むと、糖の吸収を緩やかにしてくれるからです。

 

   本記事の内容

  • 緑茶コーヒーは食後に飲む方が良いの?
  • 緑茶コーヒーは冷たいものより温かい方が良い!
  • 緑茶コーヒーは市販の方が効果出るの?

緑茶コーヒーは、うまく活用出来れば確かに効果が現れる人もいます。

 

ここでは、より効果的な緑茶コーヒーの飲み方について説明していきます♪

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

記事の信頼性

  • 緑茶コーヒーを考案した、工藤孝文医師の監修した商品を紹介しています
  • Twitterの様々な口コミを参照

この記事を読み終えると、緑茶コーヒーの適切な温度と、食後に飲むことで得られる効果についても理解することが出来ますよ♪

 

では、まずは緑茶コーヒーの温度についてから見ていきましょう。

 

緑茶コーヒーは食後に飲む方が良いの?

緑茶コーヒー

緑茶コーヒーは、食後に飲むことをおすすめします。

 

なぜなら、食後の緑茶コーヒーは、リラックス効果があるので、ストレスを抱えこみがちな場合にもぴったりな飲み方だからです!

 

また、食後に緑茶コーヒーを飲んでも、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果に変わりはないのもポイントです。

 

緑茶コーヒーは、食前に飲むと良いという口コミもありますが、それだと忘れてしまった時にモチベーションが下がってしまいますよね。

 

緑茶コーヒーダイエットは継続が何よりも大事なのです。

 


こちらを見ると、継続して飲み続けた効果が一目瞭然ですよね!

 

緑茶コーヒーを手軽に続けるためにも、忘れにくい食後に飲むことをおすすめします!

 

緑茶コーヒーは冷たいものより温かい方が良い!

緑茶コーヒー
結論から言うと、緑茶コーヒーにダイエット効果を期待している場合は、ホットで飲む方が効果が高いとされています。

 

理由は、ホットで飲むと体温が上昇して、より脂肪を燃えやすくしてくれるからです。

 

ここに、カフェインの脂肪燃焼効果がプラスされて、より高いダイエット効果が期待できるわけですね!

 

ただし、アイスの緑茶コーヒーにも、有効成分はホットの時と同じくらい含まれているので、冷たく飲みたい時も安心して飲んで下さいね。

 

注意点をあげるとしたら、緑茶コーヒーを多めに作り置きしたい場合、1日以上開けずに飲みましょう。

 

なぜなら、有効成分が酸化してしまうと胃に負担がかかり、お腹の調子が悪くなってしまう可能性があるからです。

 

もう一つ、食後の緑茶コーヒーは、緑茶の成分が鉄分と結合し、貧血を起こしやすくなるので注意して下さい。

 

自分の体調によっては食前に飲んだり、その日は抜いてみるなど、無理なく続けて下さいね。

 

緑茶コーヒーは市販の方が効果でるの?

緑茶コーヒー
これはずばり、「 市販でも手作りでも効果に差はない 」です。

 

緑茶コーヒーといえば、緑茶とコーヒーを「 1:1 」で割って作りますよね。

 

どちらもインスタントやペットボトルのもので良いとされていますが、この行程も、忙しい時には少し面倒に感じしまうかもしれません。

 

そんな時は、市販の緑茶コーヒーで時短をするのも一つの手です。

 

緑茶コーヒーは、無理なく毎日飲み続けることが一番大切なので、自分に合った方法で飲み続けましょう。

 

ちなみに市販の緑茶コーヒーには次のようなものもあります。

 

 

こちらは余計なものは一切入れず、純粋な緑茶コーヒーとして販売しています。

 

緑茶コーヒーの考案者、工藤孝文医師の監修のもと開発されたので、その効果は期待できそうです。

 

口コミを見ても、飲みやすいというレビューが見られますね。

 

逆に、普段から緑茶やコーヒーを飲んでいると、味が薄いと感じるようなレビューも見られました。

 

まずは少量入っているものから試してみると安心だと思います。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • 緑茶コーヒーはホットで飲むことで体が温まり効果が高まる
  • 冷やして飲んでも最低限の効果はある
  • 緑茶コーヒーを作る時は、ペットボトルやインスタントのものを混ぜるだけで良いので、自分がやりやすい方法で作ることが出来る
  • ただし、作り置きは1日で飲まないと、有効成分が酸化してしまい腹痛などの原因になる
  • 手作りでも市販のものでも大丈夫、続けることが大切
  • 食後に飲むことで糖質の吸収抑制やリラックス効果がある

一見簡単なように見えますよね?

 

だけど、手軽に緑茶コーヒーが飲めるように工夫をしないと、面倒くさくなってきて気付いたらやめちゃうかもしれません。

 

そうならないように、自分が続けやすい飲み方で無理せず緑茶コーヒーを続けておいしく痩せましょう!

 

この記事が、少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました