コップやマグを使えるのはいつから?それぞれおすすめ商品もご紹介

この記事は約5分で読めます。
  • 赤ちゃんにストローで飲み物を飲ませようとしたが全く飲まない
  • マグ、コップの飲ませ方がわからない
  • コップの練習は飲み物を全部こぼしそうで怖くてできない

この記事では、このような悩みを解決します。

 

はるか
はるか

私も長男の時すごく悩みました。

 

ミルクをしっかり飲めるようになってきた我が子。

 

そろそろマグやコップを覚えさせたいけど、一体いつから使わせればいいんだろう?

 

そう悩むママも多いと思います。

 

私も長男の時に、コップやマグを使わせる時期について調べたことがあるんです。

 

実は、コップやマグは離乳食が始まるタイミングで使い始めるといいんです。

 

なぜなら、離乳食前は母乳以外の水分補給が基本的に不要だからです。

 

  本記事の内容

  • コップとマグ違いとは?
  • コップとマグのおすすめ商品をご紹介

まずはコップとマグの違いを覚えて、順番に進めてきましょう。

 

この記事を読み終えると、コップとマグの違いが分かり、それぞれの使用時期が分かるようになります。

 

では早速みていきましょう。

コップとマグの違いとは?

マグ

コップとマグの違いを説明します。

 

コップ
取っ手がついている両手で持てるコップ。
※生後8ヶ月頃から使えます
 

マグ( スパウト型 )
哺乳瓶の乳首のような飲み口のものです。
※生後5ヶ月頃から使えます
 

マグ( ストロー型 )
飲み口がストロー型になっています。
※生後8ヶ月頃から使えます

 

最初はマグのスパウト型から使うのをオススメします。

 

哺乳瓶の乳首の形に似ているので、ミルクを飲んでいる赤ちゃんはすんなりと受け入れてくれることが多いです。

 

しかし母乳のみの赤ちゃんは、スパウトをうまく使えない子もいます。

 

長男がそうでした。

 

その場合は、スパウトをとばしてストローにチャレンジしてしまいましょう。

 

いよいよストローで上手に飲めるようになったら、コップで飲む練習を始めます。

 

上唇と下唇でコップのふちをはさみ、少しずつコップを傾けます。このとき大人が手伝ってあげましょう。

 

コップとマグのおすすめ商品をご紹介

マグ 飲み口

ここでマグとコップのおすすめ商品を紹介します。

 

ピジョンのマグマグコロンセット

created by Rinker
ピジョン
¥2,500(2021/10/17 13:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

マグは飲む部分がスパウト→ストローに変更できるものがよいでしょう。

 

ピジョンのマグマグコロンセットがおすすめです。

 

飲み口がスパウト→ストロー→コップとセットになっているので、買え替えの必要がありません。

 

またスパウトの飲み口は、哺乳瓶母乳実感乳首( Mサイズ以上 )に変更することも可能です。

 

母乳実感の哺乳瓶を使ってる赤ちゃんなら、乳頭混乱もより抵抗なく飲めますね。

 

リッチェル アクリア コップでマグ ストロータイプR

マグの蓋の穴を押すと、飲み物がストローの飲み口から出る仕組みになっています。

 

赤ちゃんは、ストローから飲み物が出ることを学習してくれます。

 

ふたを外すとコップにもなるので、成長しても使えますね。

 

マンチキン ミラクルカップ

360度どこからも飲める。逆さでも漏れにくい構造になっています。

 

またお手入れも簡単なところも非常にありがたいです。

 

このような便利なアイテムもたくさん出ています。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • コップやマグで水分を取るのは、離乳食を始める生後5、6ヶ月からで充分
  • コップは取っ手がついてるもの。マグはスパウト型とストロー型がある
  • マグやコップの練習は、口唇の発達につながる
  • コップとマグのおすすめ商品
  • ピジョンのマグマグコロンセット
  • リッチェル アクリア コップでマグ ストロータイプR
  • マンチキン ミラクルカップ

最初はうまくできない子もいるでしょう。

 

母乳や哺乳瓶から、コップやマグへの移行は赤ちゃんにとても難しいのです。

 

練習すると、たくさん飲みこぼしたりするかもしれません。

 

焦らず赤ちゃんのペースで、少しずつ練習しましょう。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました