バイトを掛け持ちしているときの源泉徴収票!複数もらう必要はある?

この記事は約7分で読めます。
  • バイトの掛け持ちをしていると源泉徴収はすべて必要なの?
  • 確定申告に必要な源泉徴収はどちらかのみでいいのかな?
  • バイトの年末調整された源泉徴収票ってなにが変わるの?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

バイトを掛け持ちでやると、気になりがちなのが、年末年始の確定申告ですよね。

 

 

2つのバイトを掛け持ちしているとすれば、確定申告には両方のバイト先の源泉徴収票が必要なのか。

 

または、もっとたくさんのバイトをしている場合は複数の源泉徴収票を用意しなければならないのか。

 

実は、原則、すべての源泉徴収票が必要になります。

 

なぜなら、1つのバイト先で年末調整を行っていても、他のバイト先の収入が合計103万を超える場合は確定申告が必要だからです。

 

  本記事の内容

  • 年末調整後にはバイトを掛け持ちしていると源泉徴収票はどのようになる?
  • バイトを掛け持ちしていると確定申告では源泉徴収票が複数必要?

確定申告は1か所が年末調整済みだから、あと一枚あればいいのかな…。

 

なんて考えて、結局よく分からないままになりがちです。

 

確定申告の時期が来る前に、明確に理解しておきたいですよね。

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

記事の信頼性

  • 国税庁が確定申告に必要な書類を明記している
  • 実際に、私の知人が申告していた時に必要な書類を参考にした

この記事を読み終えると、バイトを掛け持ちしている人が確定申告をする際、なぜ複数の源泉徴収票が必要になってくるのか理解できるようになりますよ。

 

では早速みていきましょう。

 

年末調整後にはバイトを掛け持ちしていると源泉徴収票はどのようになる?

はてな

一般的に、メインで働いているバイト先で「 扶養控除等申請書 」を提出して、年末調整を受けている人が多いかと思います。

 

「 扶養控除等申請書 」を1か所に提出している場合、そこのバイト先の源泉徴収票は以下を確認しましょう。

源泉徴収票

 

年末調整後、バイトを掛け持ちしている場合のメインの源泉徴収票では、「 給与所得控除後の金額 」及び「 所得控除の額の合計額 」欄に金額が記入されています。

 

上記2か所が記入されていれば、正しく年末調整をされている証拠です。

 

一方で、サブのバイト先にメインではないことが正しく伝わっていれば、年末調整がされていない源泉徴収票が発行されるはず。

 

すなわち、上記2点が空欄になっているということです。

 

もしもバイトの掛け持ちのサブバイトから、年末調整がされてしまっているという場合。

 

複数の年収の合計に対しての正確な税収金額ではないため、過不足が発生している恐れがあります。

 

十分に注意してみてくださいね。

 

また複数のバイトを掛け持ちしているが、年収が併せても103万円に満たなかった場合は所得税を徴収されることはありません。

 

確定申告後の源泉徴収票で、所得税が引かれてしまっているようであればそれは間違いです。

 

基本的に、「 扶養控除等申請書 」をバイト先へ提出していれば、年末調整時に多く払ってしまった税金を返金してくれます。

 

しかし、どこにも申請書を提出していない場合、バイト先は月々の源泉徴収を行っていても年度末の年末調整は行わず、源泉徴収票の「 給与所得控除後の金額 」及び「 所得控除の額の合計額 」は空欄になります。

 

その場合は、自分自身でメインのバイト先も確定申告を行う必要があります。

 

どのバイト先にも扶養控除等申告書を提出していない人は、自分が行う手続きが増えてしまうだけですので、早めに1つのバイト先へこちらを提出しましょう!

 

\  まずは無料でお試し  /

やよいの白色申告オンライン

バイトを掛け持ちしていると確定申告では源泉徴収票が複数必要?

税務署

冒頭でもお伝えしたように、源泉徴収票は複数枚必要になります。

 

必要ではない例外ケースは、” 確定申告自体が不要である ”場合のみです。

 

掛け持ちバイトをしている人が確定申告をする際、大きく分けて3パターンの方がいます。

 

  1. 103万円を超える年収で、どこからも源泉徴収されていない
  2. 103万円以下の年収で、源泉徴収されてしまっている
  3. 103万円を超える年収で、源泉徴収されている

では順番に見ていきましょう。

 

①103万円を超える年収で、どこからも源泉徴収されていない

これはどこからも年末調整を受けないため、自分ですべて確定申告をする必要があります。

 

そのため、複数の源泉徴収票は必須です。

 

②103万円以下の年収で、源泉徴収されてしまっている

この場合は、通常所得税は納付義務がありません。

 

徴収されているのであれば、過度に徴収されてしまっている税金を取り戻せる可能性がありますので、税金が引かれている源泉徴収票はすべて保管しておき提出しましょう。

 

③103万円を超える年収で、源泉徴収されている

これは、一見問題なさそうですが、

 

  • 掛け持ちバイトのうち1つのみ源泉徴収対象
    →年収によって追徴が課される可能性あり。
  • 複数のバイトが源泉徴収対象
    →メインで「 扶養控除等申請書 」を提出しているところ以外は” 乙欄 ”としてメインの”甲欄”よりも高めの税金が引かれているため、年収の合計額を計算してみると払いすぎているケースがある。
    よって、どこでどのくらい徴税されているのかわかるように、複数の源泉徴収票が必要になります。

以上の項目に当てはまる人は、複数用意が必要なので確かめてみてください。

 

特に①③のパターンの場合、健康保険や生命保険または国民年金を支払っている人はある程度控除され、追徴額が減額する可能性もありますので合わせて確認してください。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • バイトの掛け持ちの源泉徴収票は原則、複数必要!
  • 年収103万円以下で源泉徴収されていない人のみ、すべてのバイト先の源泉徴収票を用意する必要はない。
  • 掛け持ちの確定申告にも、年末調整済みの源泉徴収票を用意しておきましょう。
  • 年末調整は、収入が多い方のバイト先のみで行いましょう。
  • 年末調整後の源泉徴収票がしっかり「 給与所得控除後の金額 」及び「 所得控除の額の合計額 」欄に記載があるか確認しましょう。

難しいようで、意外にシンプルです。

 

103万円以下の年収で所得税を支払う必要がない人以外は、全ての源泉徴収票が必要なのですからね。

 

上記3パターンにあてはまっている人は、1つ目のバイト先でもらった源泉徴収票を、

 

その他のバイト先の書類をもらうまで、取っておくことをおすすめします。

 

確定申告を行ったはずなのに、バイトの掛け持ち先、1つの書類しか用意しなかったため、正確な金額が割り出せなかった…。

 

とはならないよう、年間収入をしっかり把握し、必要書類はすべて提出するようにしてくださいね!

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました