日本と韓国の食事マナーの違いは正反対って本当?マナーの違いを解説

この記事は約9分で読めます。
  • 日本と韓国の食事マナーに大きな違いってあるの?
  • 日本と韓国の食事マナーの違いは正反対って本当?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

韓国料理を食べる機会が多くなりましたね。

現在の日本では、韓国料理がすっかり定着していますよね。

 

韓国料理のお店も増え、スーパーでも韓国料理の食材や調味料が豊富に揃えられています。

 

私達日本人にとって、韓国料理はとても身近な料理です。

 

それに加えて、第4次韓流ブームと言われている今、韓国のドラマや映画で食事のシーンを目にする人も多いのではないでしょうか?

 

観ていると、

 

「 えっ!そんな食べ方するの?! 」

 

とびっくりするようなこともあります。

 

実は、日本と韓国の食事マナーには大きな違いがあります。

 

なぜなら、日本では普通でも、韓国では正反対のマナーが多いからです。

 

 

  本記事の内容

  • 日本と韓国の食事マナーの違いは正反対?
  • まだある日本と韓国それぞれ独自の食事マナーとは?

日本と韓国って似ているようで、意外と文化の違いがあるものなんですよ!

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

この記事を読み終えると、日本と韓国の食事マナーの違いが分かり、両方の食事マナーの文化を理解することができますよ。

 

では早速みていきましょう。

 

日本と韓国の食事マナーの違いは正反対?

チゲ

日本と韓国の食事マナーでは、その違いが正反対と言えます。

 

ちなみに、何が正反対かというと、主に行儀が良いか悪いかに注目しています。

 

器について

日本:器を持って食べる
韓国:器は持たずに食べる

器を持つか持たないか。

 

 

これが、日本と韓国の食事マナーの違いの代表的な例ではないでしょうか。

 

日本では持って食べないと、猫背になり姿勢が悪くなるので行儀が悪いとされます。

 

対して、韓国では持って食べると、焦って食べているように見えるので、行儀悪く見られます。

 

これは、朝鮮王朝時代の身分制度の名残りです。

 

身分の低い人が器を持って食べていたので、その姿を忌み嫌うことからの由来と言われています。

 

 

しかし、行儀が良い悪い以前の理由もあります。

 

韓国の食器はステンレスなどの金属製。

 

そもそも、持って食べるなど熱くて出来ないのです。

 

箸について

日本:箸で食べる
韓国:スープとご飯はスプーンで、おかずは箸で食べる

日本ではほとんどの料理で箸を使いますよね。

 

韓国では、スープとご飯はスプーンで、おかずはお箸で食べるとされています。

 

「 ご飯を箸で食べると行儀が悪い 」

 

とまでは言われなくても、あまり良くはないようです。

 

日本:箸と箸で食べ物を渡すのはNG
韓国:箸と箸で食べ物を渡すのはOK

日本では「 箸渡し 」「 合わせ箸 」と言われています。

 

行儀が悪いどころか大変縁起が悪く、何も知らない子供がしたとしても怒られるレベルのことですよね。

 

韓国の食卓ではおかずの品数が多く、それをみんなで食べます。

 

自分の席から遠いお皿の料理を取ってもらう時に、箸と箸で渡すのが普通のようです。

 

日本:寄せ箸・揃え箸はNG
韓国:寄せ箸・揃え橋はOK

寄せ箸は、箸で遠くの食器を手元に引き寄せること。

 

揃え箸は、箸を食器等に突き立てて揃えること。

 

日本では、どちらも行儀が悪い所作ですね。

 

しかし、韓国ではごく普通のことのようです。

 

特に寄せ箸は、箸と箸でおかずを渡す理由と同じで、遠くの料理を取るためです。

 

座卓での姿勢

日本:正座
韓国:女性は立て膝、男性はあぐらOK

現在の日本では、座敷席のお店が減りましたね。

 

でも、韓国で座敷席のお店は、まだまだ一般的のようです。

 

男性だけでなく、女性もあぐらはOKです。

 

そして、日本では行儀が悪いとされる立て膝。

 

これは韓国では、女性の正式な座り方だそうです。

 

 

この理由も、実は朝鮮時代からの由来なのです。

 

韓国伝統の韓服であるチマチョゴリは、座った時にフワッと花が開いたように膨らみます。

 

その形を維持するための立て膝でもあり、すぐに給仕ができるような姿勢でいるためという理由もあったのです。

 

正座が苦手な私にとってはすごく真似したい座り方です。

 

汁物

日本:汁物をご飯にかけて食べるのはNG
韓国:汁物にご飯をかけて食べるのはNGだけど、汁物にご飯を入れて食べるのはOK

日本では「ねこまんま」や「 汁かけご飯 」と言われ行儀が悪い食べ方ですよね。

 

韓国でも汁物をご飯にかけるのはNG。

 

でも、逆に汁物にご飯を入れるのはOKなのです。

 

クッパなど、元々ご飯が入っている料理もあるので、韓国では一般的のようです。

 

骨や皮を置く場所

日本:皿の端に載せる
韓国:テーブルに直に置く

日本ではテーブルが汚れるのを嫌い、韓国では皿にゴミを載せるのを嫌うという違いです。

 

 

鍋料理

日本:取り分けて食べる
韓国:スプーンで直に食べる

日本では鍋料理や大皿料理が出ると、取り皿を使いますよね。

 

そして、親しい間柄なら直箸で取りますが、そうでもなければ取り箸を置いておきます。

 

韓国では、そもそも取り皿や取り箸という物がないそうです。

 

2人でカフェに行き、ケーキを二つ頼んでも一つのお皿で来るそうですよ。

 

韓国では何でも、一つのお皿からみんなで食べるみたいですね。

 

まだあるよ!日本と韓国それぞれ独自の食事マナーとは?

食事と箸

正反対ではないけれど、日本には日本の、韓国には韓国の、それぞれ独自の食事マナーが他にもあります。

 

日本の食事マナー

日本の食事マナーと言えば、箸の所作がほとんどです。

 

そこで「 嫌い箸 」( 箸のマナー違反の使い方 )を挙げてみました。

  • 握り箸
    二本の箸を鷲づかみにして食事に使うこと
  • 拝み箸
    両手で箸をはさみ、拝むようにすること
  • 返し箸・逆さ箸
    大皿料理などを取り分ける時、箸を上下逆さにして使うこと
  • ちぎり箸
    箸を両手に1本ずつ持ってナイフとフォークのように料理をちぎること
  • 空箸( そらばし )
    食べようとして料理に箸を伸ばしたのに、口に運ばず箸を引いてしまうこと
    ( 昔の人が、毒入りと疑った時にする行為なので、作った人に失礼になる )
  • 迷い箸
    どの料理を食べるか迷って、料理の上で箸を動かすこと
  • 掻き箸( かきばし )
    食器に口を付け箸で食べ物を掻き込むこと
  • 橋箸・渡し箸
    箸を器の上に置くこと

意外と知らなかったことがありますよね。

 

マナー違反とは知らず、ついやってた!なんてこともありました。

 

韓国の食事マナー

韓国の食事マナーは、箸やスプーンよりも、年長者に対してのマナーがとても厳しいです。

 

年長者に対しての礼儀を守っていれば、韓国では間違いないと言われるくらいです。

 

そこで、年長者に関しての食事マナーを挙げてみました。

  • ご飯の配膳は年長者の分から始める
  • 料理には、年長者が箸をつけるまで食べてはいけない
  • 年長者より先に食べ終わってはいけない
  • 年長者の食事が終わるまで席を立ってはいけない
  • 年長者からお酌してもらう時は、両手で受け取る
  • 年長者の前でお酒を飲む場合は、横を向きグラスの底は見せない

韓国では目上の人や年長者への礼儀は食事マナーに限ったことではなく、とても厳しいものがあるようです。

 

これは、儒教の精神に基づいての行動だそうです。

 

日本人にとってはちょっと厳しく感じますが、見習うべきところはお手本にしたいですね。

 



WEB限定クーポン配布中!
今すぐCHECK!

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

まとめると、

  • 日本では器を持って食べるけど、韓国では持たずに食べる
  • 日本では箸で食べるけど、韓国ではスプーンと箸で食べる
  • 日本では箸と箸で食べ物を渡すのはNGだけど、韓国ではOK
  • 日本では寄せ箸・揃え箸はNGだけど、韓国ではOK
  • 座卓での日本での座り方は正座で、韓国では女性は立て膝、男性はあぐらOK
  • 日本で汁物をご飯にかけて食べるのはNG
  • 韓国でも汁物にご飯をかけて食べるのはNGだけど、汁物にご飯を入れて食べるのはOK
  • 骨や皮は、日本では皿の端に載せるけど、韓国ではテーブルに直に置く
  • 鍋料理は日本では取り分けて食べるけど、韓国ではスプーンで直に食べる
  • 日本では「 嫌い箸 」と言って箸のマナー違反の使い方がある
    握り箸・拝み箸・返し箸・逆さ箸・ちぎり箸・空箸( そらばし )・迷い箸など
  • 韓国では、儒教の精神に基づき、年長者への礼儀がものすごく厳しい

日本の食事マナーの中心は「 箸 」と言ってもいいと思います。

 

箸を器用に美しく使える人を見ると、とても好感が持てるし、素敵な家庭で育ってこられたんだなあと想像できます。

 

対して韓国は、箸のマナーが日本ほどでもない代わりに、年長者への礼儀がとても厳しいものだと知ることができました。

 

両方の食事のマナーや文化が理解できると、これからより楽しく料理を頂くことができそうです。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました