SDGsとは?私たちにできることや個人で意識することとは?

この記事は約6分で読めます。
  • SDGsって何のこと?
  • 私たちにできることはあるの?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

テレビやSNSでもよく話題になっていますね。

 

最近、「 SDGs 」という言葉をよく耳にします。

 

「 何のことかさっぱり分からない 」

「 読み方さえ知らない 」

という人がまだまだ多いと思います。

 

調べてみても、難しい文章が並んでいて、

 

「 なんか難しそう 」

「 規模が大きくて私には関係なさそう 」

 

と、知ることを諦めてしまっていませんか?

 

でも、話題になっているのは確かなので、何とかSDGsのことを理解してみたいですよね。

 

実は、SDGsは国連で定められた17個の目標で、国籍、老若男女問わず誰にでもできることなんです。

 

なぜなら、その目標達成のための方法一つ一つが、日常生活の中に簡単に取り入れられるものばかりだからです。

 

 

  本記事の内容

  • SDGsって何のこと?
  • SDGsの達成のため私たちにできることは何?

知ることで、行動できることがあります。

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

この記事を読み終えると、SDGsのことが理解でき、自分にできることは何かを知ることができますよ。

 

では早速みていきましょう。

 

SDGsって何のこと?

青い地球

SDGsとは、日本語に訳すと「 持続可能な開発目標 」という意味です。

 

正式名称は、

 

「 Sustainable Development Goals( サステナブル・ディベロップメント・ゴールズ ) 」

 

頭文字を取って「 SDGs( エスディージーズ ) 」と呼ばれています。

 

そして、この「 目標 」は17個あり、次のように分かりやすい言葉で示されています。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7.  エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8.  働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16.  平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

この17個の目標を見ていると、

 

貧困、不平等、差別、地球環境、気候変動などの言葉が連想されます。

 

 

これらの問題を踏まえて、SDGsを分かりやすく言うと、

 

『 世界の様々な問題解決に向けて、人類みんなで取り組もう。

 

誰ひとり取り残されることなく、この地球で暮らし続けることができるように。 』

 

このように説明できます。

 

 

SDGsは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択されました。

 

加盟国の中には、意見が合わず対立している国もあります。

 

でも、SDGsというこの目標だけは、世界全体で取り組もうとしています。

 

「 呉越同舟 」といったところでしょうか。

 

一つの国だけではどうにもならないから、わだかまりがあってもみんなで協力しようということなんですね。

 

SDGsの達成のため私たちにできることは何?

地球の絵

SDGsの達成に向けて私たちにできることや、個人で意識することは日常生活の中にたくさんあります。

 

例を挙げると、

 

  • 食べ残しを減らすために買いすぎないようにする
  • 電気の節約をする
  • 水の節約をする
  • 海や川を汚さないために油を排水口に流さない
  • エコバッグを使う
  • プラスチックごみを減らす
  • ペーパーレスのために請求書などはWEB明細にする
  • 地元で買い物をする
  • 移動手段は徒歩や自転車を優先に考える
  • 家事や育児の分担を夫婦平等にする
  • 差別を見たら勇気を出して注意するか、誰かに相談をする
  • 相手の立場に立って気持ちを考える
  • 防災意識を高める

など、どれもすぐにできそうなことばかりです。

 

でも、ちょっとハードルが高いものもありますよね。

 

「 できること 」=「 行動 」ではなく、行動に移せなくても、私たち個人が意識するだけでも目標達成に向けて貢献できることがありましたね。

 

例に挙げた日常生活でも出来ることの、一つ一つは小さなことかもしれません。

 

でもそれを続け、みんなが一緒に取り組むことで、大きな力になることは言うまでもありませんよね。

 

\ 手軽に出来ることから始めよう /

【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • SDGsとは、日本語に訳すと「 持続可能な開発目標 」という意味
  • SDGsは、貧困、不平等、差別、地球環境、気候変動などの問題解決のために2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された
  • SDGsの達成に向けてできることや個人で意識することは日常生活の中にある
    ◎食べ残しを減らすために買いすぎないようにする
    ◎電気や水の節約をする  など

「 持続可能 」という言葉には、

 

  • 地球に住み続けられるようにする
  • 息切れせずに目標に取り組み続けられることをする

 

このような意味が込められています。

 

持続するためには、息切れしないように、段差の低い階段を一段ずつ登って行けばたどり着けそうですよね。

 

SDGsは地球規模の壮大な計画ですが、ゆっくりと、でも確実に進めて行きましょう!

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました