1分間スピーチの文字数は?原稿を作るコツが知りたい!

この記事は約8分で読めます。
  • 1分間スピーチの文字数は何文字?
  • 1分間スピーチの原稿を作るコツが知りたい!
  • 1分間スピーチは何のためにするの?

この記事では、このような悩みを解決します。

 

じろーパパ
じろーパパ

人前で話すのは、とても緊張しますよね。

 

「 1分間スピーチ 」というのをご存知ですか?

 

よく行われるのは、会社や学校の朝礼の時。

 

当番制で順番が回って来たりします。

 

当番制ならまだしも、指名された人がやる会社もあります。

 

そんな時には、頭の中が真っ白になり、その結果、

 

「 しどろもどろで、散々なスピーチになってしまった。 」

 

「 何も言えず、棒立ちのまま1分が過ぎてしまった。 」

 

など、苦い経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

そうならないためにも、日頃から1分間スピーチ用の原稿をいくつか用意しておくと、同じ経験は避けられるはずです。

 

そうなると、気になるのは1分間スピーチの文字数ですね。

 

普通は1分間話すと何文字くらいになるのでしょう。

 

実は、1分間スピーチの文字数は約300文字と言われています。

 

なぜなら、1分間に300文字というペースは、聞き手が内容を理解しつつ、聞き取りやすい速さだからです。

 

 

  本記事の内容

  • 1分間スピーチの文字数は何文字?
  • 1分間スピーチの原稿を作るコツとは?
  • 1分間スピーチは何のためにするの?

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っておくと知識の幅が広がりますよ♪

 

記事の信頼性

  • 色々なビジネスに関するサイトを参考にしてまとめた

この記事を読み終えると、1分間スピーチの文字数と原稿を作るコツが分かり、1分間スピーチをする本当の意味を知ることができますよ。

 

では早速みていきましょう。

 

1分間スピーチの文字数は何文字?

時計

1分間スピーチの文字数は、約300文字が適切と言われています。

 

1分間に300文字というペースは、人によっては、ちょっとゆっくりに感じるかもしれません。

 

だからこそ、聞き手には、はっきりと理解しながら聞けるのです。

 

緊張していると、早くスピーチを終わらせたいと思うあまり、早口になりがちです。

 

慣れないうちは、実際に1分間を計り、300文字ぴったりで話せるよう練習し、感覚でペースを掴むことが大切です。

 

1分間スピーチの原稿を作るコツとは?

女性 ノート

1分間スピーチの原稿を作るコツを3つに分けてご紹介します。

 

1分間スピーチの原稿を作るコツその1:ネタ・テーマを考える

1分間スピーチのネタやテーマは、大抵「 何でもいい 」と説明を受けると思います。

 

でも、この「 何でもいい 」が一番難しいんですよね。

 

そこでおすすめなのが、自己紹介です。

 

これは、朝礼では1回しか使えないネタです。

 

でも、新入社員や新規の取引先の人向けなら、自己紹介をする機会が多いので別の場でも使えます。

 

「 はじめまして。○○と申します。よろしくお願いします。 」

 

これだけではあまりにも味気ない時、出身地、好きなスポーツ、趣味、休日の過ごし方など、少し話題を足すだけで全然違う印象になります。

 

他には時事ネタ、今日は何の日、生活のちょっとした知恵などは調べるとたくさん出てきますよ。

 

1分間スピーチの原稿を作るコツその2:1つのネタに絞る

1分間スピーチの原稿は1つに付き、1つのネタに絞って作りましょう。

 

ネタやテーマは、調べるとたくさん出てきます。

 

つい、あれもこれもと1つの原稿に詰め込んでしまいたくなります。

 

 

しかしネタが2つ以上になると、

 

「 結局この人は、何が言いたかったんだろう? 」

 

と、聞き手を混乱させてしまうことがあるので要注意です。

 

1分間スピーチの原稿を作るコツその3:原稿は2部構成にする

1分間スピーチの原稿は、2部構成がおすすめです。

 

通常、話の構成は「 起承転結 」の4部構成ですが、

 

1分間という短い時間では、ちょっと厳しいものがあります。

 

そこで、おすすめの構成は、

 

「 結論 」の後に「 理由 」

 

または、

 

「 エピソード 」の後に「 オチ( 結論 ) 」

 

が分かりやすく、すっきりします。

 

1分間スピーチは何のためにするの?目的は?

社会人 メガホン

「 そもそも、1分間スピーチは何のためにするの? 」

 

こんな疑問が湧いてきたら、スキルアップのチャンスです。

 

1分間スピーチの目的、それは大きく分けて2つあります。

 

 

それは、「 情報を集める力 」と「 伝える力 」です。

 

 

言い換えると、「 インプット 」と「 アウトプット 」の関係と言えます。

 

情報や知識というものは、インプットだけではすぐに忘れてしまいます。

 

紙に書く、誰かに説明する、というアウトプットをして初めて、自分の物として得られると言われています。

 

自分で解いただけの数学の問題より、友達に解き方を教えた問題の方が、より頭に入った経験ありませんか?

 

あの感覚です。

 

そして友達に教える時、頭では分かっているのに、なかなか伝えられないもどかしさも経験した人もいるはずです。

 

「 情報を集める力 」と「 伝える力 」では、後者の方が難しいのです。

 

「 伝える力 」の中には「 表現力 」も含まれています。

 

自分の頭の中にある情報を、吐き出すように話していては、「 伝える 」とは言えませんよね。

 

 

聞き手にとっても、「 聞いている 」のではなく、音が「 聞こえている 」だけです。

 

相手の表情や反応を見て、その場の雰囲気を感じ、間合いやタイミングを計りながら話す。

 

これこそが、商談やプレゼンの時に発揮できる能力なのではないでしょうか。

 

しかし、このような能力は、誰でも初めから持っているわけではありません。

 

回数をこなしていくうちに、身に付くものだと思います。

 

 

だからこそ、練習が必要です。

 

1分間スピーチは、この2つの力をつけるための、練習の場なのです。

 

「 当番だから仕方なくやっている 」

 

「 面倒くさいから、昨日見たテレビの感想でも言っておこうかな 」

 

などと思いながらしていたら、もったいないですよ。

 

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

  • 1分間スピーチの文字数は、約300文字が適切
  • 1分間スピーチの原稿を作るコツその1:ネタ・テーマは自己紹介がおすすめ
  • 1分間スピーチの原稿を作るコツその2:1つのネタに絞る
  • 1分間スピーチの原稿を作るコツその3:原稿は2部構成にする
  • 1分間スピーチの目的は、「 情報を集める力 」と「 伝える力 」をつけるため

1分間スピーチに限らず、友人や親戚の披露宴、集会や会議などで発言を求められた時など、

 

公私共に機会は突然やって来ます。

 

苦手だからと言って、あまりにも強く拒むと、その場の雰囲気が悪くなることもあるかもしれません。

 

逆に、ここぞとばかりに話してみよう、と張り切り過ぎると、うんざりされます。

 

「 下手の長談義 」( 話の下手な人ほど、興味のない話を長々として相手をうんざりさせる傾向があること。 )

 

ということわざもありますので、気を付けたいものです。

 

敬遠されがちな1分間スピーチですが、慣れておくと、仕事でもプライベートでも、いざという時役に立ちそうですね。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました